URLやPDFの内容から情報収集「Link Reader」

URLやPDFの内容から情報収集「Link Reader」 ChatGPTプラグイン
概要

「Link Reader」プラグインは、Webページ、PDF、PPT、さまざまなリンクの内容から情報収集できます。

できること

Webページ、YouTube、PDF、PPT、画像、Word文書などのリンクから情報を取得することができます

実例

例としてOpenAI社のGPT-4 APIのニュースから内容を要約

プロンプト:

下記のURLの内容を抽出して下さい
https://openai.com/blog/gpt-4-api-general-availability

結果:

要点をまとめて教えてくれました。
英語のページですが、プロンプトは日本語なので日本語に翻訳して答えてくれました。。

次にPDFファイルの内容を要約します。
例として、経産省のAI導入ガイドブックのPDFの内容を要約してみます。

プロンプト:

下記のURLの内容を抽出して下さい https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/AIguidebook_DemandForecast_MFG_FIX.pdf

結果:

84ページあるPDFでしたが、上手く要約してくれています。

最後に画像からテキストを抽出しようと思います。
MicrosoftAzureの解説記事の見出し画像からテキストを抽出してみます。

プロンプト:

下記のURLのテキストの内容を抽出して下さい 
https://biztechdx.com/wp-content/uploads/2023/07/10.png

結果:

完璧な結果でした。

おすすめ度

いくつか試してみましたが素晴らしい結果でした。
間違いなくオススメできるプラグインの一つです。

オススメ度:★★★

タイトルとURLをコピーしました