SlackやTeamsと連携したChatGPTサービス、「Lightblue Assistant」の提供を開始

ChatGPT

月額380円から利用可能、社員ひとりひとりのパーソナルアシスタントとして生産性向上に貢献します

日本語大規模言語モデル(LLM)の開発・提供も手掛ける東大発AIスタートアップLightblue(代表取締役:園田亜斗夢、本社:東京都千代田区、以下「Lightblue」)は、企業内での生成AIの導入・活用を推進するべく、月額380円(税抜)から使えるChatGPTサービス、「Lightblue Assistant」の提供を開始いたします。

Lightblue AssistantはGPT-3.5をベースに高速でベーシックな回答が可能であり、さらに進化したGPT-4による高度な生成文も利用できます。加えてファイル連携やストレージ連携を通じて、企業独自のデータを連携することが可能です。

本サービスを通じて企業は独自のデータや社内ルールを考慮した生成AIの活用が一段と容易になります。業務効率化や意思決定のサポート等、多岐にわたるビジネスニーズへ貢献します。
Lightblue Assistantについては以下のリンクより詳しい資料をダウンロードいただけます。

サービスURL:https://www.lightblue-tech.com/lightblue-assistant/

LibhtblueAssisitantLibhtblueAssisitant

  • Lightblue Assistantのサービス概要

「Lighblue Assistant」はSlackやTeamsなどコミュニケーションツールとChatGPTと連携し企業の生産性向上に繋げることが可能な社員ひとりひとりのアシスタントサービスです。ChatGPTの強みである文書生成に加え、知りたい情報に簡易にアクセスできる検索の機能を持ち、必要な情報を迅速に得ることが可能となります。

■料金体系

ライトプラン、スタンダードプランの2つのプランをご用意しています。
ライトプランではChatGPTの機能を380円/ユーザー(税抜)からご利用いただくことが可能です。
スタンダードプランでは独自データを連携することが可能で、980円/ユーザー(税抜)利用いただくことが可能です。

サービスサイト:https://www.lightblue-tech.com/lightblue-assistant/
お問い合わせ:https://www.lightblue-tech.com/lightblue-assistant-contact/

  • Lightblue Assistantの特長

(1)使い慣れたチャットツールでChatGPTが利用可能

ChatGPTを企業で導入・運用する際の課題の1つに「利用定着」が挙げられます。Lightblue Assisitantでは社内チャットツールであるSlackやTeams上で使用できます。日常業務と同じように、ブラウザを起動することなくChatGPTを活用できるため、社内の従業員への浸透を容易にします。

(2)社内データとの連携を通じて独自FAQシステムを構築

ChatGPTを用いると一般情報の回答は得られますが、企業固有の質問に対して回答することはできません。Lightblue Assisitantではファイル連携やストレージ連携を介して、独自のデータを活用することができます。これにより、企業独自のデータやノウハウを最大限に生かし、社内でのFAQ対応業務の効率化に繋げることが可能です。

(3)API活用・オンプレミス環境によってセキュリティを担保

公式のChatGPTでは、入力データがOpenAIの学習に使用される懸念があります。Lightblue AssistantではAPIを介してOpenAIへの学習データの流出を防ぎます。さらに、弊社独自のLLMモデルを使用することもでき、機密情報を完全に保護した社内環境での活用が実現できます。

(4)AIプロフェッショナルが利活用をサポート

独自データの連携だけでは、望ましい回答を得ることはできません。Lightblueのカスタマーサクセスチームは自然言語処理のエキスパートであり、社内データの調査、前処理、抽出、精度改善などを継続的にサポートし、正確な回答が得られる環境を実現します。

  • Lightblue Assisitantの提供にかける想い

私たちLightblueは先端デジタル技術を活用し、情報活用を大きく進化させることを目指しています。今回提供する「Lightblue Assistant」は、これまで培った自然言語処理技術と企業の実務を密に結びつけたサービスです。OpenAIのAPIをベースにしつつ、使いやすさ、セキュリティ、独自データ活用を両立しています。企業が持つ独自のデータやノウハウを最大限に活用いただくための基盤を提供し、日常の意思決定や業務効率化をサポートします。私たちの技術とカスタマーサクセスチームが、ビジネスにおける新しい可能性を共に切り開きます。このサービスを通じて、全ての企業がAIの力を最大限に引き出せる時代を実現したいと考えています。

(株式会社Lightblue 代表取締役社長 園田 亜斗夢)

  • 生成AIサービス活用検討に向けたワークショップサービスのご紹介

OpenAI社が開発した対話型AI、ChatGPTの普及が2022年以降、日本国内で急速に拡大しています。生成AI技術はその有用性が認められつつありますが、法人における導入が進まない背景には「価値のあるアウトプットがイメージできない」「セキュリティ上の懸念」などの課題が存在します。

多くの企業では、これらの問題により生成AIの活用が検討段階で停滞しているのが現状です。この課題に対処するため、Lightblueは「生成AIの正確な理解と社内活用戦略の定義」が社会やビジネスイノベーションへの第一歩であると考えて、生成AIを効果的に活用するためのワークショップサービスを提供しています。

本サービスは2部構成で行われ、セッションパートでは「生成AIとはなにか」をこれまでの歴史や様々なユースケースをもとに解説いたします。後半は独自フレームワークを用いた参加型のワークショップで、生成AIの社内活用アイデアの創出を行い、社内での生成AI活用方法の定義にむけてご支援いたします。

現在無償でのワークショップモニターも募集しておりますので、ぜひこの機会に本ワークショップにご参加いただき、社内での生成AI利用検討にお役立ていただければと存じます。

Lightblueでは、今後もお客様、パートナー企業とともにAI技術を用いて社会やビジネスのイノベーションに貢献してまいります。
https://www.lightblue-tech.com/aiworkshop2023/

  • 株式会社Lightblueについて

Lightblueは、AIの民主化を目指す東大発スタートアップ企業です。生成AI・LLMの研究開発に特化したチーム「LLab」を設立し、安全性と透明性を重視したAIモデルの開発に取り組んでいます。AI技術の活用範囲を広げ、社会にポジティブな変革をもたらすことを目指しています。2023年7月には公開モデルとしては67億パラメータの日本語LLMを開発し、オープンソースで公開しています。

社名:株式会社Lightblue
設立:2018年1月
代表者:代表取締役 園田 亜斗夢
所在地:東京都千代田区神田小川町3-28-5 axle御茶ノ水 PB02
AI顧問:鳥海不二夫(東京大学大学院工学系研究科教授)
事業内容: 人にフォーカスした画像解析「Human Sensing」 ノーコードAI内製化ツール「Human Sensing BASE」 人工知能、IoTシステム、AIカメラ、プラットフォームの開発

●Lightblueコーポレートサイト https://www.lightblue-tech.com/
●Lightblueの70億規模パラメータ汎用GPT言語モデル(Hugging Faceリンク):https://huggingface.co/lightblue/japanese-mpt-7b

引用

SlackやTeamsと連携したChatGPTサービス、「Lightblue Assistant」の提供を開始
株式会社Lightblueのプレスリリース(2023年9月28日 08時40分)SlackやTeamsと連携したChatGPTサービス、の提供を開始

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました