SAP ERP ABAPプログラムをAI自動生成

ChatGPT

Design 2 ABAP Squad (D2AQ)が、Add-On開発に革命をもたらす

1. 概要
株式会社グラントは、2024年5月28日にAI技術を利用したプログラム生成ツール「D2AQ」をリリースしました。世界のデファクトスタンダードであるSAP社のERPシステムへの機能追加は、ABAP言語によるプログラムAdd-Onが一般的です。そのAdd-On作業を半自動化する革命的なツールとなります。ABAPプログラムと設計書の相互変換を自動化するための強力なツールであり、ソースコードチェック機能も備えています。これにより、開発効率とコード品質の大幅な向上が期待できます。ビジネスユーザー、コンサルタント、エンジニアを問わず、Add-On開発をより効果的かつ効率的に行うことができます。例えば、新規導入プロジェクトでは、開発工数を大幅に削減し、仕様変更にも迅速に対応することが可能です。運用保守作業では、潜在的なバグの早期発見と対応を可能とします。

2. 主な機能
2-1. 設計書からABAPプログラムへの変換

– 設計内容の反映:
  – 設計書に記載された各要素を基に、対応するABAPプログラムを自動生成します。データベーステーブルの定義やフィールド情報、ビジネスロジックなどを正確に反映したコードを生成することで、手作業によるミスを防ぎ、効率的な開発を実現します。
  – 設計書に変更が加えられた場合にも即座に対応可能で、プログラムコードを自動的に更新します。これにより、設計と実装の整合性を保ちつつ、迅速な対応が可能となります。

2-2. ABAPプログラムから設計書への変換
– 自動解析:
  – ABAPコードを自動的に解析し、設計書の各要素を生成します。コードコメントや注釈、セクションごとの解析に基づき、詳細なプログラム内容を設計書に反映させることで、正確かつ一貫性のあるドキュメントを作成します。
  – コード内のコメントや注釈を元に、要件や仕様を設計書に反映させることができます。
  – 各ユーザー専用の設計書フォーマットへの変換については、AIの学習やプロンプト調整を行っています。

 
2-3. ソースコードチェック機能

– コード品質の評価:
  – ABAPコードの静的解析を行い、潜在的なバグやセキュリティリスクを検出します。これにより、コーディングミスやセキュリティ脆弱性を早期に発見し、品質の高いコードを維持します。
  – コーディング標準やベストプラクティスに基づいてコードを評価し、改善の余地がある部分を特定します。これにより、開発者はコーディング規約に従った高品質なコードを書くことができます。
– レポート生成:
  – 検出された問題箇所の詳細なレポートを自動生成します。このレポートには、問題の説明や影響範囲、具体的な修正方法が含まれており、迅速な問題解決を支援します。
  – 問題箇所に対する修正提案や改善ポイントを提示し、開発者が適切に対応できるようサポートします。尚、 一部の高度なチェック機能は現在開発中です。
その他、多くの機能追加に着手しています。

 
3. ユーザーへの対応
D2AQは、現在弊社のSAP環境でのみ使用されていますが、各SAPユーザー環境でご利用が可能です。まず、弊社のAIエンジニア及びABAPエンジニアによるユーザー環境に合わせたAI教育と確認作業を行います。生成精度を向上させる作業が必要になりますが、短期間でAI時代のプログラム開発手法を取り入れる事が可能です。これまでAdd-On開発は、費用がかかるうえに柔軟なSAP標準機能や拡張性をスポイルする事がありました。しかし、AIを高度に教育する事により、オーダーメイドシステム並みの利便性を得ながら、ERPシステムとしての優位性を担保することも可能になります。詳しくはお問い合わせください。オンラインでのセミナーもお申し込みが可能です。


株式会社グラント (本社:大阪市北区 代表取締役:山崎元彰)

https://www.grant.co.jp/ 
お問い合わせ先:info@grant.co.jp  06-6242-2555

引用

SAP ERP ABAPプログラムをAI自動生成
株式会社グラントのプレスリリース(2024年6月5日 16時40分)SAP ERP ABAPプログラムをAI自動生成

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました