OpenAI ビデオ生成AI「Sora」を公開

ChatGPT

OpenAIは2024年2月15日に、新しいAIモデル「Sora」を発表しました。
このモデルは、テキスト指示から最大60秒のビデオを生成する能力を備えており、デジタルコンテンツ作成の分野において画期的な進展をもたらすと期待されています。
Soraは、詳細なシーンの再現、複雑なカメラ動き、多様なキャラクターの感情表現に特化しており、生成されるビデオのリアルさと映像の一貫性が特に注目されています。

OpenAIのX投稿では、様々なシナリオの下で生成された動画のサンプルが公開されており、その革新性と応用範囲の広さが示されています。
これらのサンプルは、Soraがどれだけ精緻な映像を生み出せるかを実証しています。

さらに、Soraはテキスト指示だけでなく、既存の静止画からビデオを生成し、画像の内容を精密にアニメーション化することが可能です。
また、既存のビデオの拡張や、欠けているフレームの補完も行えるとしています。
これらの機能は、映像制作の効率化とクリエイティビティの拡大に大きく貢献することが期待されます。

OpenAIは、Soraの導入にあたり、いくつかの安全対策を講じています。
これには「レッドチーム」と呼ばれる専門家による安全性の検証が含まれます。これらの対策は、誤情報や憎悪的なコンテンツの拡散を防ぐことを目的としています。

ただし、OpenAIはSoraの一般リリースに関する具体的な言及をしていません。
そのため、一般ユーザーがいつこの技術を直接体験できるようになるのかは現時点では不明です。
しかし、この発表はAIとビデオ制作の未来に大きな期待を抱かせるものであり、業界全体に影響を与えることが予想されます。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました