OpenAIは非営利団体と教育機関向けの新しい取り組みを発表

ChatGPT

2024年5月30日にOpenAIは、非営利団体と教育機関向けの新しい取り組みを発表しました。
これにより、AI技術の利用がより一層広がり、社会的影響力が高まることが期待されています。

非営利団体向け「OpenAI for Nonprofits」の導入

OpenAIは、非営利団体がChatGPTを利用して生産性を向上させ、コミュニティに新しい方法でサービスを提供できるようにする新しい取り組み、「OpenAI for Nonprofits」を発表しました。
運営上の課題や限られた資金、スタッフの不足などが非営利団体の社会的影響を制約する中、ChatGPTはこれらの障害を克服し、より多くの成果を達成する手助けをします。

この新しい取り組みにより、非営利団体はChatGPT Teamを1ユーザーあたり月額$20の割引料金で利用でき、大規模な非営利団体はChatGPT Enterpriseを50%割引で利用できるようになります。
これにより、最新のGPT-4oモデルや高度なツール、カスタムGPTの利用、専用の共同作業スペース、チーム管理用の管理ツール、強力なプライバシーとセキュリティ基準が提供されます。

大学向けの「ChatGPT Edu」の導入

OpenAIはまた、大学向けにAIをキャンパスに導入するための手頃なオファー「ChatGPT Edu」を発表しました。
ChatGPT Eduは、大学が学生、教職員、研究者、キャンパス運営にAIを責任を持って導入するためのバージョンです。
GPT-4oを搭載したChatGPT Eduは、テキストとビジョンを横断して推論し、データ分析などの高度なツールを使用することができます。

この新しいオファーは、エンタープライズレベルのセキュリティとコントロールを提供し、教育機関にとって手頃な価格で利用できます。
オックスフォード大学やペンシルベニア大学ウォートン校、テキサス大学オースティン校、アリゾナ州立大学、ニューヨーク市コロンビア大学などの大学がすでにChatGPT Enterpriseで成功を収めています。

AIの実際の活用事例

いくつかの大学や非営利団体は、すでにChatGPTを効果的に活用しています。例えば、コロンビア大学のナビラ・エルバッセル教授は、過剰摂取による死亡率を減少させるためのコミュニティベースの戦略にAIを統合するイニシアチブを主導しています。
彼女のチームは、大量のデータセットを分析および統合して介入策を情報提供するGPTを構築し、数週間の研究作業を数秒に短縮しました。

また、アリゾナ州立大学のクリスチャン・リーブス助教授は、学生が自分の言語レベルに合わせたドイツ語の会話を行いながら、カスタマイズされたフィードバックを受け取ることができるカスタムLanguage Buddies GPTを開発しています。
これにより、学生のコミュニケーションスキルが向上し、教職員の評価時間を節約しています。

引用

Just a moment...
Just a moment...

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました