Microsoft が提供するAzure OpenAI Serviceとは?解説から利用開始手順まで

Microsoft が提供するAzure OpenAI Serviceとは?解説から利用開始手順まで ChatGPT

Azure OpenAI Service とは?

Azure OpenAI Serviceとは、Microsoft Azureにおいて、OpenAI社のAIを利用できるサービスです。

ChatGPTで利用されている大規模言語モデルのGPTやコーディング支援に特化したAIモデルのCodeX、埋め込み型モデルのEmbeddingsなどOpenAI社が提供する、さまざまなAIサービスに対応しています。

Azure OpenAI Service でできること

基本的にできることは、OpenAI社が提供しているAIサービスのAPIと大きく違いはありません。
Azure OpenAI Serviceでは、REST API、Python SDK、または Azure OpenAI Studio の Web ベースのインターフェイスを介してサービスにアクセスできます。

Azure OpenAI ServiceとChatGPTの違い

Azure OpenAI Serviceでは、Azure のセキュリティやエンタープライズレベルの機能を利用できます。
ID管理やプライベートネットワークなど、Azureの機能と組み合わせることでより、企業や行政などよりセキュアな環境が求められる場合に最適です。

反面、OpenAI社が提供する新機能やサービスは遅れて提供される傾向があり、最新の機能を使ってみたい場合はOpenAIが提供しているChatGPTやAPIなどを直接利用することを検討すると良いでしょう。

Azure OpenAI Service の利用開始手順

Azure OpenAI Service を使用するには、以下の手順が必要です。

注意点として、Azure OpenAI Service法人での利用が前提となっています。

手順としては、

  1. Azureアカウントを作成
  2. Azure サブスクリプションを作成
  3. Azure OpenAI Service へのアクセスを申請

になります。

1.Azureアカウントの作成

Azureアカウントが無い方は下記からアカウントを開設してください。

https://azure.microsoft.com/en-us/free

2.Azureサブスクリプションの作成

Azure OpenAI Serviceの利用には、Azureサブスクリプションが必要です。
AzurePortalからサブスクリプションを作成して下さい。
手順は以下から確認して下さい。

Microsoft 顧客契約サブスクリプションを作成する - Azure Cost Management + Billing
Azureportalで新しいMicrosoft顧客契約サブスクリプションを追加する方法について説明します。課金アカウントのフォームに関する情報を参照して、使用可能なその他のリソースを確認してください。

Azure OpenAI Service へのアクセスを申請

アカウントの開設とは別にAzure OpenAI Serviceを利用するには、別途申請が必要です。

この際に、企業情報が必要になります。
また個人のメールアドレス(例:gmail.com、hotmail.com、outlook.comなど)で申請できません。
全ての入力項目は英語ですが、一般的な内容ですので翻訳ツール等を使えば特に問題ないと思います。

Dynamics 365 Customer Voice

申請後10日以内に利用可否のメールが届くようです。

許可されればAzure OpenAIでリソースが作成できるようになります。

以上でAzureOpenAIの利用申請までの手順になります。
次回は実際に利用するまでの手順を解説していこうと思います。

おわりに

Azure OpenAI ServiceはOpenAIの強力なAIモデルを、Microsoft Azureのセキュリティとエンタープライズレベルの機能と組み合わせて利用できるサービスです。
Azureの機能を活用することで、企業や行政など、よりセキュアな環境が求められる場合に最適なサービスと言えます。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました