MicrosoftはBing Chat EnterpriseとMicrosoft 365 Copilotの価格を発表

MicrosoftはBing Chat EnterpriseとMicrosoft 365 Copilotの価格を発表 ChatGPT

Microsoftは7月18日、同社のAIチャトボット「BingChat」の法人版である「Bing Chat Enterprise」と
Excelなどのツールで使えるMicrosoft 365 Copilotの価格を発表しました。

Bing Chat Enterpriseは利用者とビジネスデータの安全性を保証し、外部への漏洩を防ぎます。
また入出力したデータは保護され、データを学習に利用しないとしています。

Bing Chat Enterpriseは、本日よりプレビュー版が開始され、Microsoft 365 E3、E5、Business Standard、Business Premiumに追加費用なしで含まれます。
将来的には、1 ユーザーあたり月額 5 ドルのスタンドアロンサービスとして提供される予定です。

またMicrosoft 365 Copilotの価格も発表されました。
Microsoft 365 E3、E5、Business Standard、およびBusiness Premiumをご利用のお客様を対象に、1ユーザーあたり月額30ドルで提供を予定しています。

さらに、BingChatにビジュアル検索を通じたマルチモーダル機能の「Visual Search in Chat」導入すると発表しました。

OpenAIのGPT-4モデルをベースにした「Visual Search in Chat」によって、あなたは画像をアップロードし、それに関連するウェブ上のコンテンツを検索することができます。

例として、新しい都市への旅行中に見つけた特定の建物について知りたいときや、冷蔵庫の中身からランチのアイデアを考えたいときなど、あなたがアップロードした画像をもとに、Bing Chatはウェブの知識を活用して質問に答えることが出来るとしています。

タイトルとURLをコピーしました