Metaはオープンソース大規模言語モデル(LLM)、Llama 2の提供を開始

Metaはオープンソース大規模言語モデル(LLM)、Llama 2の提供を開始 ChatGPT


Llama 2は、商用利用と研究のために無料で利用でき、AI技術に対するオープンイノベーションのアプローチを科学者や企業、政策立案者など広範な関係者とともに推進することを目指しています。

Llama 2は、MicrosoftのクラウドサービスであるAzureのAIモデルカタログで利用可能となります。
これにより、Azureを使用する開発者は、Llama 2を利用して新たなサービスや製品を開発し、さらにはコンテンツのフィルタリングや安全対策など、多様な用途で活用できます。
また、Amazon Web Services (AWS)やHugging Faceなど他のプロバイダーでも利用可能となっています。

MetaとMicrosoftはこれまでにも、AIのフレームワーク開発や共同研究などを通じて、AI技術の進化と普及に取り組んできました。
今回のLlama 2の提供開始は、その一環として、更なる進化と普及を目指すものです。

なお、Metaは、Llama 2の適切な利用と改善のため、さまざまな取り組みを行っています。具体的には、モデルのチューニングと評価方法の透明性を確保するとともに、社会的な課題解決を目指す「Llama Impact Challenge」の開始などが挙げられます。

これらの取り組みを通じて、MetaとMicrosoftは、今日のAI技術を全世界のビジネスに広く提供し、その利益を最大限に引き出すことを目指しています。

タイトルとURLをコピーしました