Legal AI – GPTを使ったAI法律相談サービス(AI弁護士ツール)をリリース!弁護士10人限定でアンバサダーを募集

Legal AI - GPTを使ったAI法律相談サービス(AI弁護士ツール)をリリース!弁護士10人限定でアンバサダーを募集 ChatGPT

ChatGPTを使ったAI法律相談・弁護士ツールは、AI技術を用いて法律問題を解析し、法律相談や文書作成の支援を行うシステムを指します。経験や法律知識を学習し、ユーザーに情報を提供する支ツールです。

AI(人工知能)ソリューションを提供するリーガルテック企業 Legal AI(本店東京,  CTO 渡部薫)は、OpenAIのGPTを法律関連に特化し独自のカスタマイズ開発したAI法律相談サービスをすべての国民に無料で提供します。

AI法律相談サービスとは、AI技術を駆使して法律的な問題解決や助言を提供するシステムを指します。AIの進化により、法令文や判例、論文などの膨大な情報を素早く解析し、ユーザーの法的問題について具体的な解答を出すことが可能になりました。法的な知見を持たない一般の人々が法的問題に直面した際に、即座にアドバイスを与えるという観点で非常に有用です。

また、時間や場所を問わず利用できるため、法律サービスのアクセシビリティを向上させる役割も果たします。ただし、現段階では人間の法律家・弁護士の補助的な位置づけであり、全ての法的問題を正確に解決するわけではありません。AIはあくまで道具であり、最終的な判断は人間が行うべきという方針のもとで運用されています。

今後、弁護士向けにAI弁護士アシスタントを(有償で)提供予定で、先行10人限定で弁護士のアンバサダーを募集します。

Legal AIのAI法律家(AI弁護士ツール)は、以下の通り、AI自身がプレスリリースを書き上げました。

サービス概要

弁護士の法律相談の新しい形―貴重な時間とコストの削減へ、私たちのリーガルテック開発チームは、新たな形で法律情報を提供するためにAI技術を活用したリーガルテックサービスのリリースをお知らせします。

法律に精通したAI法律家(AI弁護士ツール)が「あなたの便利な法律顧問」になります。

所属AI法律家:理上 愛子(リガル アイコ) / 理上 正義(リガル マサヨシ)

法律相談のQA事例

「旦那が不倫をしています。どうすればいいですか」

「偽装売上でIPOできますか」

「DVを受けています。被害届での出し方を教えてください」

AI法律家(AI弁護士ツール)は、一般的に以下の特徴を持ちます。

1. 大量のデータ処理能力

AI法律家は、法律文書や過去の判例などの大量のデータを迅速に処理し、情報を分析・解釈する能力があります。これにより、時間をかけて検索や解釈を行う人間の弁護士とは異なり、すばやく正確な情報を提供することが可能です。

2. 24時間365日利用可能

AI法律家は、人間と異なり休憩や休暇を必要としないため、いつでも利用可能です。これにより、法律相談を求める人がいつでもアクセスできる利便性があります。

3. 一貫性

AI法律家は、設計上一貫して同様の判断を下すことが可能で、労働環境や気分、その他の人間特有の要素に影響されることなく一貫した助言が可能です。

4. カスタマイズ可能

AI法律家のアルゴリズムは、特定の業界やグループのニーズに応じてカスタマイズ可能で、その市場に最も適した法的アドバイスを提供するように調整することが可能です。ただし、AI法律家の主な弱点として、現在のところ専門性や実務経験に基づく「勘」や直感による対応が難しく、また、客観的なデータで表現しきれない法律上の複雑さを完全には処理できない可能性があります。

5. 本物の弁護士と法律事務所がサポート

Legal AIのAI法律家(弁護士ツール)には、本物の弁護士や資格者や法律事務所が紐づき、相談者の法律相談に対応します。AIだけでカバーしきれない問題や実際の問題解決には人間の資格者がサポートしますので安全・安心です。

Legal AIのこの革新的な取り組みは、お客様に日本の法律を理解する上で手助けとなり、混乱や不確実性を減らすためのものです。技術の進歩により、AIはさまざまな業界で注目を浴びています。

特に、法律業界では多くの人々が法律の専門知識を持つことの難しさや、時間と費用がかかることを問題に感じています。当社のAI法律家(AI弁護士ツール)は、これらの問題を解決し、より迅速かつ効率的な法律サービスを提供することを目指しています。AI法律家(AI弁護士ツール)は、質問に対する回答を生成するために、大量の法律データとケーススタディを参照します。これにより、ユーザーは24時間いつでも法律上の問題について調査し、回答を得ることができます。AI法律家(AI弁護士ツール)は、既存の法律サービスの補完として機能することを目指しています。

ユーザーが法律専門家や弁護士と直接相談する前に、法律の基本的な知識を習得するための便利なツールとなることでしょう。

私たちは法律アドバイザーとテクノロジー専門家との間のギャップを埋めるために、この革新的なプロジェクトに情熱を注いでいます。法律だけでなく、技術も私たちの生活の一部となっています。そして今回、我々はこれら二つを組み合わせ、法律サービスの新たな可能性を広げる一歩を踏み出します。

AI法律家(AI弁護士ツール)の機能(アップデート予定含む)
音声読み上げ機能
保存・履歴、共有機能
(本物の)弁護士登録(アシスタント設定)
法律事務所登録
音声組み込み機能(自分の声)
3D アバター機能
弁護士(資格者)マッチング機能
広告・誘導機能

━━━━━━━━━

AI法律家(AI弁護士ツール)に対するFAQ(※すべてAIが回答)

【あなたは弁護士ですか】

私はAIの法律家ですが、人間の弁護士ではありません。法律に関する情報を提供することができますが、具体的な法律助言や法的行動に対する相談を行うことはできません。必要に応じて、専門の法律実務家または弁護士に相談してください。

【どんな法律相談ができますか】

「AI法律家」は、日本の法令や判例を学習し、法的な問題に対する助言を提供するAIです。税法、民法、商法など、日本の全法律分野を網羅することで、貴重な法律情報や見解を提供いたします。

【法律以外の話ができますか】

私の設定上、主に法律に関する質問にのみ答えることが可能です。それ以外のテーマについては詳細に答えることが難しい場合があります。あなたが何か具体的な法律関連の質問を持っているなら、お気軽に聞いてください。

【あたなは弁護士法第72条に抵触する存在ですか】

弁護士法第72条は、「弁護士以外の者が、報酬を得ることを目的として弁護士がすべき業務を行ってはならない」を定めています。AI法律家として私が提供する情報は、一般的な法律知識に基づく解説や参照ですが、具体的な訴訟行為や法的代理行為等は行っていません。また、私が提供する情報は無料で、報酬を得る目的ではありません。そのため、弁護士法第72条に抵触する存在ではないと考えられます。それでも、個々の事例に対する法律的助言や法的行為が必要な場合は、必ず弁護士または法律専門家に相談してください。

【AI弁護士は、弁護士法第74条に抵触しますか】

当サイトで使用される「AI弁護士」は人間又は資格を持った弁護士ではなく、資格者である弁護士及び法律事務所又は法律業務に携わる資格者を支援するツールの名称です。当社及びそのAIは、弁護士又は法律事務所として名乗り(記載して)いかなる法律業務も行っておりません。(第72条非弁行為)(第74条非弁護士の虚偽標示等の禁止)Legal AIのAI法律業務支援サービスは米国OpneAI社のGPTを使用しています。Legal AI社は、AIソフトウェア開発企業です。

━━━━━━━━━

■今後のアップデート予定

法律業務に携わる弁護士、会計士、税理士、司法書士、行政書士等の方々(事務所)向けに、自分にそっくりなAIアシスタントを提供します。10名限定で先行申込を受け付け中です。

Legal AIのビジョン「すべての国民に司法を開放する」をモットーに、革新的なリーガルテックプロダクトの開発を進めます。引き続き、当社のAI法律家(AI弁護士ツール)の発展にご注目いただけますよう、お願い申し上げます。

※本プレスリリースは9割以上、Legal AI 理上 愛子によって作成されたものを編集しています。

※詳細は当社ウェブサイトをご参照ください。
Legal AI – AI法律相談サービス:https://legalai.co.jp/
所属AI法律家:理上 愛子(リガル アイコ) / 理上 正義(リガル マサヨシ)

KWAT AI・Web3 プロジェクト

Legal Tech:https://legalai.co.jp/
AIセキュリティカメラ:https://justiceye.jp/
NXR – リアリティを超える:https://gcloud.co.jp/
AI Friends & Guide:https://haruka.ai/(今秋予定)
Private Justice Company:https://justiceye.ai/(今冬予定)

問い合わせ(広報)

ジークラウドはLegal AIの広報部を担っています。
当社では、AI及びGPT、ブロックチェーン、Web3関連の開発も請け負います。
info@gcloud.co.jp
担当:長谷川

引用

Legal AI - GPTを使ったAI法律相談サービス(AI弁護士ツール)をリリース!弁護士10人限定でアンバサダーを募集
ジークラウド株式会社のプレスリリース(2023年7月21日 07時00分)Legal AI - GPTを使ったAI法律相談サービス(AI弁護士ツール)をリリース!弁護士10人限定でアンバサダーを募集
タイトルとURLをコピーしました