GoogleBardが全世界へ:40以上の言語対応と新機能の公開

GoogleBardが全世界へ:40以上の言語対応と新機能の公開 ChatGPT

GoogleのジェネレーティブAI「Bard」が13日に、ユーザー体験を一層向上させるための大規模なアップデートを公開しました。
このアップデートにより、Bardは40以上の言語に対応し、世界中のユーザーが自分の母国語でBardを利用できるようになりました。

今回追加された機能として以下のようなものがあります。

  1. 40以上の言語対応:アラビア語、中国語、ドイツ語、ヒンディー語、スペイン語など、40以上の言語でBardを利用できます。
  2. 音声読み上げ:Bardの回答を音声で確認できます。新しい言語の学習や詩の朗読などに役立ちます。
  3. 会話の固定と名称変更:Bardとの会話を保存し、名前を変更できます。後で参照するための機能です。
  4. コードのエクスポート:Google Colabに加えて、PythonコードをReplitにエクスポートできます。
  5. 回答の共有:Bardとの会話の一部またはすべてを友人と共有できます。
  6. 画像の使用(英語のみ対応):プロンプトとともに画像をアップロードし、Bardが写真を分析します。
  7. 回答の調整(英語のみ対応):Bardの回答のトーンとスタイルを5つのオプション(シンプル、ロング、ショート、プロフェッショナル、またはカジュアル)に変更できます。

特に注目なのは、プロンプトでの画像が使える機能でしょうか?
これは同社のGoogleレンズという画像認識AIサービスをBardに統合したもので、ユーザーがプロンプトとして画像をアップロードすることで、Bardがその画像を分析し、関連する情報や洞察を提供します。
しかし、現在は英語でのみ利用可能になっています。

Bard が 40 以上の言語に対応、音声読み上げなどの新機能も公開
新しい言語や国で Bard にアクセスしたり、応答をカスタマイズしたり、プロンプトに画像を追加したりできるようになりました。
タイトルとURLをコピーしました