Google Bard :言語モデルと多数の機能アップデートを発表

ChatGPT

2023年9月19日、Googleは同社の生成AIのGoogle Bardの大幅なアップデートを発表しました。
今回のアップデートで、さらに高性能なAIモデルを搭載したほか、ユーザーのさまざまなニーズに応えるためのものになっています。
以下が追加された新機能です。

1.英語でのみ提供されていた機能拡大

これまで言語設定が英語のGoogleアカウントで提供されていた機能が、日本を含む40以上の言語及び地域に対応しました。
・Googleレンズ

Google が開発した画像認識技術です。
画像をアップロードすることで、目の前にあるものを検索したり、テキストを翻訳したり、商品を特定したりすることができます。

・回答の画像表示に対応

Bardの回答に画像を含むことが可能になりました。

・回答のカスタマイズ

回答の長さや口調を5つのオプションから選択可能。
例えば文章を要約したり、言い方を専門的にすることができます。

2.Googleのアプリとの統合

Gmail、Google ドキュメント、Google ドライブ、Google マップ、YouTubeなどのツールとBardを連携できる機能「Bard Extensions」を公開しました。
この機能は現在英語のGoogleアカウントでのみ先行公開されています。
例えばGoogleドライブのファイルを検索して内容を読み込んだり、メールの内容を読み込んでタスクを実行したりすることができます。

3.回答の信頼性の確認

Google検索を使用して、回答の信頼性を確認できるようになりました。

4.共有機能の強化

Bardとのメッセージと回答を共有できる機能が強化されました。
共有されたユーザーは、内容から続けて質問が可能になりました。

5.AIモデルのアップデート

Bardに搭載されている言語モデル「PaLM 2」がアップデートされました。
これにより、より優れた品質と正確な回答ができるようになったとのことです。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。


タイトルとURLをコピーしました