Facilo、ChatGPTとの連携により不動産営業とAIのコラボレーションを支援

Facilo、ChatGPTとの連携により不動産営業とAIのコラボレーションを支援 ChatGPT

AIサポートにより仲介会社の営業担当が顧客と向き合う時間を創出

株式会社 Facilo(本社:東京都港区、代表: 市川 紘)は不動産コミュニケーションクラウド『Facilo』上にChatGPTとの連携機能を新たに開発しました。独自に設計したプロンプトによってAIの精度向上と高いセキュリティを実現し、物件提案のコア業務は営業担当、細かなメール表現のアイディア出しはAI、という形で両者の効果的な役割分担・コラボレーションを支援します。

  • 仲介会社の営業担当がコア業務に集中できるようAIが単純作業をサポート

不動産コミュニケーションクラウド『Facilo』はクラウドやAIといった最新のテクノロジーを活用しながらもリリースから一貫して「人が主役」というコンセプトを貫き、仲介会社の営業担当ならではの顧客理解や専門性を軸とした顧客体験向上を支援しています。
今回新たに開発したChatGPT連携においても、仲介業務全体をAIで置き換えるのではなく、不動産のプロフェッショナルならではのコア業務に営業担当が集中できるよう、関連する単純作業をAIがアシスタントとしてサポートするというコンセプトを中心に据えています。

  • 第一弾のChatGPT連携機能として「メール自動生成機能」をリリース

Faciloは最新のテクノロジーを活用して「深い顧客理解をベースに、専門性を生かして最適な物件を探し出し提案する」という仲介営業の本質的な業務を支援してまいりました。こういったコア業務は引き続き営業担当が中心となって担う一方で、探し出した物件情報を連絡する際のメール文面についてはAIによって自動生成された下書きを選択することが可能になります。

この「メール自動生成機能」により、営業担当は変わり映えのする文面を考えるために毎回頭を悩ませることから解放され、本質的な業務である物件提案そのものに集中できるようになります。物件提案のコア業務は営業担当、細かなメール表現のアイディア出しはAI、という形で両者の効果的な役割分担・コラボレーションを実現します。

  • 独自のプロンプトによってAIの精度向上と高いセキュリティを実現

今回のChatGPTとの連携にあたり当社は独自のプロンプト(AIに指示するための構文)を設計しています。このプロンプトによってメール文面の下書きを高い精度かつ豊富なバリエーションで自動生成することができるようになります。

また、API連携時に個人情報や物件情報は一切ChatGPT側に入力しない設計のため、予期せぬ機密情報がAIの学習データとして取り込まれることはありません。AI活用にあたっての懸念材料として挙がることの多いセキュリティリスクも回避できているので、安心してAIを取り入れた次世代の業務フローを体感いただくことが可能となります。

  • Facilo 概要

不動産コミュニケーションクラウド『Facilo』は散在しがちな不動産に関する重要な情報を全てクラウドに集約することで一元化・可視化を実現し、AIを活用しながら不動産取引が円滑に進むようファシリテーションしていく独自のプロダクトです。2023年2月の正式リリースから不動産売買を取り扱う仲介会社への導入が加速しています。

名称:株式会社Facilo
代表取締役:市川 紘
URL:https://facilo.jp/
本社:東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー18F
設立:2021年10月

引用

Facilo、ChatGPTとの連携により不動産営業とAIのコラボレーションを支援
株式会社Faciloのプレスリリース(2023年9月15日 10時00分)Facilo、ChatGPTとの連携により不動産営業とAIのコラボレーションを支援

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました