Cloudflare、AIによる新たな脅威からAIで企業・組織を保護する「Defensive AI」を発表

ChatGPT

従業員とデータを保護するためのカスタムメイドアプローチを実装し、将来的に発生しうる脅威の克服を実現

(2024年 3月 4日 太平洋標準時6:00本国発表)
誰もが接続しやすいコネクティビティクラウドのリーディングカンパニーであるCloudflare(クラウドフレア)は、本日、進化を続けるテクノロジーによって生じる新たなリスクから企業と組織を守るためのカスタムメイドのアプローチである「Defensive AI」を発表しました。今日の脅威アクターは、高度なフィッシング詐欺、悪意のあるコードの作成、重要なビジネス機能への攻撃の強化など、AIを極限まで悪用しながら着実に攻撃の成果を上げてきています。Cloudflareの「Defensive AI」は、組織特有のトラフィックパターンを活用して、組織それぞれに適した脅威の軽減策をカスタマイズし、脅威アクターの先回りをする防御策を講じて、重要なアプリケーションやネットワーク全体の保護を行います。

企業・組織にとって最も重要な資産や機密情報はさまざまであり、それらを保護するための高度かつ機敏なセキュリティ戦略が必要とされています。AIは、防御の面において非常に大きな可能性を秘めている一方で、攻撃する側もまたそれを悪用し、脅威の精度を上げています。もはや画一的なセキュリティ対策は時代遅れのものとなった今、企業・組織独自のトラフィックパターンを応用し、カスタマイズされたセキュリティアプローチを採用することが、サイバーセキュリティを強化することにつながります。

Cloudflareの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるマシュー・プリンス(Matthew Prince)は、「AIによる攻撃にAIによる防御で対抗することは、もはや避けられることではありません。複雑かつ多様な攻撃からデータを保護し、迅速かつ大規模に防衛ができる個別のアプローチが何よりも重要な局面になっています。Cloudflareの『Defensive AI』は、企業・組織固有の環境下における『通常のベースライン』を把握し、脅威を軽減して耐障害性を高め、脅威アクターの一歩先を行くための重要かつ必要不可欠なエッジになります」と述べています。

「Defensive AI」は、CloudflareのAIモデルが企業・組織における特有のトラフィックパターンを分析した上で、その環境に合わせた防御戦略を提供し、以下の内容を実現します。

  • 最新規格のWebの保護

今日のビジネスにおいて最も一般的なアプリケーションやサービスを支えるAPIは、Web上のすべての動的トラフィックの57%を占めています。Cloudflareが開発中の「API Anomaly Detection」は、アプリケーションに損害を与えたり、アカウントを乗っ取ったり、データを流出させたりする攻撃を防ぐのに役立ちます。AIを活用してアプリケーションの挙動を学習し、時間の経過に伴う正常なリクエストシーケンスの変化についてのモデルを構築します。これによって得られたトラフィックモデルは、「正常」な挙動から逸脱する「攻撃」を特定し、潜在的に悪意のある行為を阻止するためのガードレールとして機能することになります。

  • 現在、最も脅威にさらされているメールを保護

今日のサイバー攻撃の90%はフィッシング詐欺に起因しています。そのため、メールによるリスクを軽減することは、サイバー攻撃への耐障害性を維持する上で極めて重要です。Cloudflareのクラウドメールセキュリティソリューションは、AIモデルが学習し、メッセージのさまざまな部分を識別し、疑わしいコンテンツにフラグを立てることで、脅威アクターの先手を打ちます。脅威アクターがAIを悪用し、ほぼミスのないフィッシングメールを作成できるようになって強化された攻撃が急増している今、従来のメールセキュリティプロバイダーはもはや時代遅れになりました。生成AIのようなトレンドの進化に足並みを揃え、Cloudflareのモデルはあらゆるフィッシング攻撃を分析して、脅威を阻止します。

  • 従業員が引き起こす意図的あるいは偶発的な脅威の軽減

今日発生している内部脅威インシデントの約半数に、重要な企業資産へのアクセス権を持つ従業員が関与しているという事実は、ゼロトラストアプローチの重要性を際立たせています。「Cloudflare Gateway」を利用することで、企業・組織は各ユーザーの行動とアクセスされるリソースのベースラインを作成し、危険または承認されていないアクセスだと判断されるものにフラグを立てたり、フィルタリングしたりすることが可能になります。「Cloudflare Gateway」は、ユーザーとリソース(内部で管理されているものと、組織が連携している外部のリソースの両方)に対するスコアを提供します。

Cloudflareは、AIとの戦いにAIで挑むためにセキュリティを再構築しました。新たなテクノロジーが進化し、次々に新たなツールが開発される今、Cloudflareは、企業と組織がテクノロジーを悪用した脅威を避けながら、テクノロジーによる生産性の向上を達成できるような支援の体制を整えています。

詳細は、以下のリソースをご覧ください。

The rise of Defensive AI: Cloudflare’s framework for defending against next-gen threats
https://blog.cloudflare.com/defensive-ai/

Dispelling the Generative AI fear: how Cloudflare secures inboxes against AI-enhanced phishing
https://blog.cloudflare.com/dispelling-the-generative-ai-fear-how-cloudflare-secures-inboxes-against-ai-enhanced-phishing/

Cloudflare(クラウドフレア)について

Cloudflare, Inc.(NYSE:NET / https://www.cloudflare.com/ja-jp/ )は、世界中のあらゆる組織や個人、アプリケーション、ネットワークを高速かつ安全にするとともに複雑性やコストの削減を実現する、誰もが接続しやすいコネクティビティクラウドのリーディングカンパニーです。Cloudflareのコネクティビティクラウドは、最もフル機能かつ統一されたクラウドネイティブ製品と開発者ツールプラットフォームを提供し、業務、開発、ビジネスの加速に欠かせないコントロールをあらゆる組織にもたらします。

世界最大規模かつ最も相互接続されているネットワークのひとつであるCloudflareは、日々何十億もの脅威をオンラインでブロックしており、大企業からスタートアップ、中小企業、非営利団体、人道支援団体、政府機関まで、世界中の何百万もの組織から信頼されています。

Cloudflareのコネクティビティクラウドの詳細については  https://www.cloudflare.com/ja-jp/connectivity-cloud/ 、インターネットの最新トレンドとインサイトについては https://radar.cloudflare.com をご覧ください。

Follow us:

Blog   https://blog.cloudflare.com/
X   https://twitter.com/cloudflare
LinkedIn   https://www.linkedin.com/company/cloudflare/
Facebook   https://www.facebook.com/Cloudflare/
Instagram   https://www.instagram.com/cloudflare

将来予想に関する記述

本プレスリリースには、将来予想に関する記述(1933年米国証券法第27A条および1934年米国証券取引所法21E条(いずれもその後の改正を含む)に該当)があり、それらには重大なリスクおよび不確定要因が含まれています。将来予想に関する記述は、「場合があります」、「つもりです」、「するでしょう」、「はずです」、「見込まれます」、「可能性を探ります」、「する計画です」、「予想します」、「かもしれません」、「意図しています」、「目標とします」、「見積もります」、「検討します」、「考えます」、「推測します」、「予測します」、「潜在的」、「引き続き」、またはそれらの否定表現、あるいは当社の予想、戦略、計画、または意図に関わるその他同様の用語もしくは表現によって識別することができます。しかし、すべての将来予想に関する記述にこうした語句が含まれているわけではありません。本プレスリリースにて明示または黙示された将来予想に関する記述には、CloudflareのDefensive AI、CloudflareのAPI Anomaly Detection、CloudflareのCloud Email Securityソリューション、Cloudflare GatewayおよびCloudflareのその他の製品およびテクノロジーの性能と有効性、Defensive AIおよびCloudflareのその他の製品およびテクノロジーの利用ならびにAPI Anomaly Detection、Cloud Email Securityソリューション、Cloudflare GatewayおよびCloudflareのその他の製品の統合からCloudflareのお客様が得られる利益、CloudflareがCloudflareの製品統合を通じて新規のお客様を獲得し、既存のお客様への販売を拡大する潜在的機会、Defensive AIおよび関連する任意の機能がCloudflareのすべてのお客様(既存および見込み顧客)にベータ版として公開、あるいは一般公開される時期、CloudflareのDefensive AIならびにその他の製品およびテクノロジーに関するCloudflareの計画および目標ならびにその時期、Cloudflareの技術開発、将来の事業活動、成長、イニシアチブ、または戦略、CloudflareのCEOなどによるコメントが含まれますが、これらに限定はされません。Cloudflareが2024年2月21日に米国証Cloudflareの技術開発、将来の事業活動、成長、イニシアチブ、または戦略、CloudflareのCEOなどによるコメントが含まれますが、これらに限定はされません。Cloudflareが2024年2月21日に米国証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書(フォーム10-K)やCloudflareがSECに随時提出するその他の文書で詳説するリスク(ただしこれらに限定はされない)をはじめ、さまざまな要因によって、上記の将来予想に関する記述で明示または黙示した結果と実際の結果との間に重大な相違が生じる可能性があります。

本プレスリリースに含まれる将来予想に関する記述は、あくまで記述当日現在の事象についてのみ言及しています。Cloudflareは、法律で義務付けられた場合を除き、本プレスリリースの日付以降の事象や状況を反映するために、あるいは新しい情報や予期しない事象の発生を反映するために、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。Cloudflareが将来予想に関する記述で開示した計画、意図、予想は実際に実行・達成されない場合があるため、Cloudflareの将来予想に関する記述に過剰に依存すべきではありません。

©2024 Cloudflare, Inc. All rights reserved. Cloudflare、Cloudflareのロゴ、およびその他のCloudflareのマークは、米国およびその他の法域におけるCloudflare, Inc. の商標や登録商標です。本書に記載されているその他の商標および名称は、各所有者の商標である可能性があります。

引用

Cloudflare、AIによる新たな脅威からAIで企業・組織を保護する「Defensive AI」を発表
クラウドフレアジャパン株式会社のプレスリリース(2024年3月5日 10時00分)Cloudflare、AIによる新たな脅威からAIで企業・組織を保護する「Defensive AI」を発表

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました