ChatGPT Advanced data analysis(旧Code Interpreter)活用事例

ChatGPT Advanced data analysis(旧Code Interpreter)活用事例 ChatGPT

ChatGPT Advanced data analysisは、ChatGPT上でPythonを使ったコードの実行や、ファイルのアップロード・ダウンロードができるようなる機能です。
この機能を利用すれば、この機能を利用すれば、データ分析やプログラムの実行、エクセルファイルの作成などさまざまなことがChatGPT一つでできるようになります。
今回はそんなAdvanced data analysisの活用事例をまとめてみました。

Advanced data analysisの説明は下記の記事から

Advanced data analysisの活用事例

ゲーム制作

ChatGPTとAdvanced data analysisを使って簡単なゲームを作った事例です。
何とゲーム制作に掛かった時間は5分だそうです。

記憶機能

ChatGPTでは、会話続けていくにつれ、最初の方のチャットの内容を考慮しなくなることがあります。
この事例では、Advanced data analysisを使って会話をテキストファイルに保存しChatGPTに参照させることで記憶機能を実装しています。

オリジナルチャットボット

特定の情報から回答できるチャットボットも、Advanced data analysisを使えば作れます。
下記の例では、リポジトリデータをzipファイルにして読み込むことで必要な情報を教えてくれるChatbotにしています。

データ分析

Advanced data analysisを使えば、データ分析の作業も効率化できます。
分析したいことを指示すれば、自動でグラフを作成してくれます。
専門のデータ分析ソフトウェアやプログラミングの知識も必要なくなりますね。

動画制作

なんと動画も作れます。
この事例では、ひとつの画像から動画を製作しています。

画像認識

さらには、画像認識も可能になります。
この事例では、特定の画像に写っている人の数を数えています。
また、PDFや画像形式の資料のテキストの抽出などもできます。

あとがき

今回は、ChatGPTのAdvanced data analysisについてまとめてみました。
つい先日リリースされたばかりですが、さまざまな活用事例が登場しています。
Advanced data analysisの活用により、ChatGPTの可能性はさらに広がっていますね。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました