ChatGPTをExcelで使える「Excel Labs」の導入方法解説

ExcelでChatGPTを使う方法 ChatGPT

ExcelでChatGPTを使う方法

今回はExcelで、ChatGPTを使える「Excel Labs」アドインの導入方法から利用までを解説していきます。
「Excel Labs」は、Microsoftの実験的なプロジェクトである、Microsoft Garageの一部としてリリースされたアドインで、ChatGPTへの質問と回答の生成がExcelのワークシート上でできるようになります。
「Excel Labs」を利用すると、「LABS.GENERATIVEAI関数」という関数が利用できるようになります。
この関数を使って、セルに質問を入力すると、ChatGPTからの回答が表示されます。
「Excel Labs」は、Microsoft 365のExcel、およびWeb版のExcel限定で利用できます。

Excel Labsの導入方法

環境
Microsoft Windows 11 Home
Microsoft365 Excel デスクトップ アプリ

事前にChatGPTをAPIキーを取得して下さい。
APIキーの取得方法は下記から確認して下さい。

次にExcelのアドインを導入します、Excelを起動して「個人用アドイン」をクリックしてください。

ストアを選択して追加をクリックを押して下さい。

Excel Labsプラグインを追加すると、ホーム画面に「ExcelLabs」が追加されます。
「Configure API key」のOpenAI API keyの項目に、取得したChatGPTキーを入力して下さい。

また「Settings」のModelがAPIキーと一致しているか、確認して下さい。
基本的には設定はgpt-3.5-turboだと思います。

下記の関数を呼び出すことで、Excel上でChatGPTを試すことができます。
試しにChatGPTのことについて聞いてみました。
=LABS.GENERATIVEAI(“ChatGPTとは?”)

以上でExcelでChatGPTを使う方法になります。
細かい設定や活用方法はまた別の記事で詳しく解説したいと思います

タイトルとURLをコピーしました