ChatGPTを活用してIoTデータを分析する「SORACOM Harvest Data Intelligence」の提供を開始

ChatGPT

自然言語を使ったIoTデータ分析が簡単に

株式会社ソラコム(本社:東京都港区、代表取締役社長 玉川憲)は、IoTデバイスから収集したデータに対してChatGPTを活用し、異常値やトレンド、特徴的な要素などを解析し、自然言語で解説を表示したり、その内容について対話的に分析ができる「SORACOM Harvest Data Intelligence」を2023年7月6日より提供開始します。

IoTプラットフォームSORACOMは、コネクティビティを軸にIoTシステム開発をサポートします。すでに提供中の「SORACOM Harvest Data」は、IoTデバイスからのデータ収集・蓄積を支援するサービスです。サーバーやストレージを準備することなく、SORACOMのデータ通信サービスやデバイス管理サービス、LPWAN(Low Power Wide Area Network)や衛星通信サービスを使って送信されるデバイスのデータをSORACOM内に蓄積し、可視化まで実現します。

今回発表する「SORACOM Harvest Data Intelligence」は、上記サービスに蓄積された時系列データをワンクリックでAIを用いて分析し、結果を自然言語で受け取ることができる新機能です。

お客さまは、蓄積されたデータを表示してボタンをクリックするだけで、自然言語による分析結果を受け取ることができます。専門家でなくても、異常値、トレンド、欠損データなど、一目では気づかないデータの持つ深い意味を把握できます。また、分析結果に対して対話形式で追加の質問を行い、理解を深めることも可能です。

なお、本機能はPublicBeta*として無料でご利用いただけます。SORACOMのユーザーコンソールと統合されており、すべてのお客さまがすぐにお使いいただけます。これまでデータを保存・表示しても、その先のアクションにつながらなかったり、データ解析の専門家がいなくてデータ活用の糸口を見つけられなかったりしたお客さまも、本機能をきっかけに新世代のIoTデータ解析を体験していただけます。

ソラコムは「IoTテクノロジーの民主化」を掲げ、SORACOMを通じてIoTを軸に最新技術をより使いやすく提供することで、多くの活用事例とイノベーションの創出を目指します。

*Public Beta:公式サービスとしてご利用いただけます。お客様からのフィードバックをもとに、継続的な機能のアップデートを予定しています。

「SORACOM Harvest Data Intelligence」は、Azure OpenAI Service」 で提供されるモデル「GPT-35-Turbo」を使用しています。

Azure OpenAI ServiceはMicrosoft社の商標です。

  • 「SORACOM Harvest Data Intelligence」の提供開始

提供開始日

2023年7月6日

利用方法

IoTデータを「SORACOM Harvest Data」に蓄積する
「AIに聞く」ボタンからSORACOM Harvest Data Intelligenceを立ち上げ、データ解析を行う

利用料金

PublicBeta期間は、無料でご利用いただけます。
別途、「SORACOM Harvest Data」の利用料金がかかります。

ウェブサイト

SORACOM Harvest - SORACOM
SORACOMHarvest IoTデータの収集・蓄積 SORACOM Harvest は、IoT デバイスからのデータやファイルを収集・蓄積するサービスです。SORACOM Air for セルラー や SORACOM… 続きを読む

画面イメージ

引用

ChatGPTを活用してIoTデータを分析する「SORACOM Harvest Data Intelligence」の提供を開始
株式会社ソラコムのプレスリリース(2023年7月6日 12時00分)ChatGPTを活用してIoTデータを分析する「SORACOM Harvest Data Intelligence」の提供を開始
タイトルとURLをコピーしました