ChatGPTが記事作成をサポートする機能をCMS・MAツール「Switch Plus」に搭載

ChatGPT

5,000文字〜10,000文字の記事をChatGPT連携機能で生成し、コンテンツマーケティング業務の効率化を促進

BtoBマーケティング支援を行うProFuture株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:寺澤 康介)は、自社サービスであるCMSとMAの一体型ツール「Switch Plus(スイッチ プラス)」において、ChatGPTと連携した記事作成機能を搭載したことをお知らせいたします。本年7月にリリースした、ChatGPTによるメール作成サポートの機能に加え、今回は新たに、5,000~10,000文字のSEO記事を生成できる機能も搭載しました。企業のブログやオウンドメディアの記事投稿にもご活用いただけます。

  • Switch Plus(スイッチ プラス)のChatGPT連携機能4つの特徴

1.約4分で5,000~10,000文字の記事を自動生成できます(2023年9月現在)。


2.ChatGPTのアカウントがなくても問題ありません。Switch Plusにログインするだけで、すぐにChatGPTの機能をSwitch Plusの画面上で使えます。

3.ChatGPTの利用料は不要です。Switch Plusの使用料に含まれています。

4.ChatGPTを使う際は、プロンプトで指示を出す必要がありますが、それらの知識は一切不要です。

  •  Switch Plus(スイッチ プラス)でChatGPT連携機能を使ってSEO記事を作成する手順
  1. Switch PlusのCMS(コンテンツマネジメントシステム)部分にあたる「コンテンツ」から「記事作成」を選択します。
  2. 「ChatGPTで記事作成」というボタンを押下し、検索エンジンで上位表示を狙いたい検索キーワードを1単語〜3単語ほど指定します。
  3. 「記事作成」というボタンを押下すると、ChatGPTが指定したキーワードに関する記事を自動生成してくれます。生成される文字数は5,000文字〜10,000文字程度で、生成にかかる時間は約4分です(2023年9月現在)。
  4. ChatGPTによって生成された記事は「.txtファイル」としてダウンロードできます。また、生成されたテキストのコピーもワンクリックで行えます。
    コピーしたテキストをSwitch Plusの記事投稿画面から投稿することも可能ですし、ほかのCMSを使った記事投稿にも活用していただけます。
  5. ChatGPTが生成したSEO記事の注意点すべき点は、以下のとおりです。
    1. 記事内容がオリジナリティに乏しい可能性がある
    2. 学習データが2021年9月以前のため、データのタイムラグが2年ある
    3. 嘘や偽の情報、2021年9月以前の古い情報が混在している恐れがある
    4. ChatGPTの文体には特徴的なクセがあり、固い言い回しが多く、表記や表現などが似通っている
    したがって記事公開をする前に、表記ルールの調整や、校正・校閲、最新情報の反映など、人の手による編集作業が必要です。
    本機能を使って生成された記事は、そのまま企業ブログやオウンドメディアへは投稿せずに、草案やアウトラインとして参考にすることをおすすめします。
  •  ChatGPT連携による記事作成サービスを提供するに至った背景

インターネット広告やSEO、SNSなどの国内市場は年々拡大傾向にあります。それに伴い、自社ブログの更新やオウンドメディアの運営など、コンテンツマーケティングに取り組む企業の数も増えています。

その一方で、IT・DX人材は依然として不足しており、コンテンツマーケティングに割ける時間や人員に限りがある企業も多いはずです。コンテンツマーケティングの実施には、戦略策定、広告戦術の考案、制作チームの立ち上げ・管理、記事編集、校正・校閲、効果検証、UI/UX改善、SEO/MEO/SEM対策など、多岐にわたり、マーケターにとって負担が大きいのが現状です。

そこで当社ProFutureはCMSとMAの一体型ツール「Switch Plus(スイッチ プラス)」の開発において、CMSの記事作成機能とChatGPTの技術を組み合わせるアイデアを考案しました。ChatGPTやプロンプトなどの知識がまったくない人でも、読み応えのあるSEO記事を簡単に生成できる機能です。

この機能を搭載したことにより、多くのマーケターにとって業務の効率化や制作負担の軽減が可能となり、コンテンツマーケティングがスムーズに進行できると確信しています。

当社では今後もChatGPTやAI技術を活用したBtoB事業者の課題解決と、商取引の活性化に全力で取り組んでまいります。

  •  Switch Plus(スイッチ プラス)とは

Switch Plusは、事前の準備をすることなく、Webマーケティングを簡単に始められる、CMSとMA一体型のツールです。テンプレートの利用と直感的な操作で、時間をかけずに「集客のためのWebサイト」を構築できるため、これまでかかっていたサイト修正のためのコストや工数を削減することができます。

また、顧客リストに宛てたHTMLメールの作成と配信を簡単に行うことができます。メール配信後は効果を可視化することで、次のアクションに活かすことが可能です。

月額料金は2万円(税抜)からと低価格設定のため、導入検討の障壁を下げることを狙っています。


直感的な操作でWebサイトが構築できる

サーバーの用意やデザインの作成は不要です。Switch Plusで用意されているテンプレートを使えば、貴社の目的にあったWebサイトを簡単に構築できます。


ネクストアクションがわかる

Webサイトへのアクセス状況をタイムリーに把握でき、配信メールの効果もわかりやすく表示しているため、次の施策を検討しやすくなります。


かんたんに始められる

弊社ProFutureの専任担当者が、お客様との打ち合わせやヒアリングなどを通じて、Webサイトの公開や顧客リストへのメール配信などをサポートし、Switch Plusをかんたんに始められるように伴走します。


テンプレートを使って手軽にHTMLメールが作成できる

HTMLテンプレートを使ったメールを簡単に作成できます。顧客をコンテンツへ誘導し、自社への興味を喚起することができます。


また、2023年7月よりChatGPTと連携した機能を搭載。サンプルメール作成の画面において、あらかじめ設定された選択肢を選ぶだけで、マーケティング関連のメールがすぐに作成でき、すぐに送信できるようになりました。さらに10月には、記事作成の機能も追加されました。


安心のシステム環境と強固なセキュリティ対策

信頼性の高いクラウド上にシステムを構築しているため、インフラが二重化されていて障害に強く、すべての通信は暗号化されています。


<CMS機能の主な特長>

・問い合わせ獲得のためのランディングページ(LP)、記事コンテンツページ、サービスページ、セミナーページなど、さまざまな用途に応じたページを簡単に作ることができます

・直感的な操作を実現するビルダー機能を備え、コーディングなどの専門的な知識を必要とせずに、ページ作成が簡単にできます

・メールマガジンやお礼メール、シナリオメールなどの作成ではChatGPTと連携し、チェックボックスなどで条件を設定すれば、簡単に文面を作成できます

・セミナー機能の充実により、販促セミナーやウェビナーなどの告知が簡単にできます


<MA機能の主な特長>

・獲得したリード(見込み顧客)の行動履歴(流入元、訪問日時、ランディングページ、リードスコア等)が確認できるため、リードのニーズやインサイトのヒントがわかります

・デフォルトでスコアリング設定がされているため、難易度の高いスコアリングの設定をせずにリード(見込み顧客)の管理ができます

・リードの新規登録や情報編集も簡単に行えます

・ほかのMAツールやスプレッドシートで管理していた顧客情報をインポートできます

  •  Switch PlusとChatGPT連携機能の今後の展開

Switch PlusとChatGPTの連携機能は、現段階ではメール作成と記事作成の2つの機能を搭載していますが、今後はLP、サービスページ、セミナーページの作成においてもChatGPTとの連携を進める予定です。

そのほかの機能においても、さらなる改善や拡充を図り、使いやすく便利なサービスを目指してまいります。

  • Switch Plusの関連情報

▼Switch Plusサービスサイト
https://www.profuture.co.jp/mk/switch-plus

▼Switch Plusへのご質問・お問い合わせ
https://www.profuture.co.jp/mk/contact

▼Switch Plusトライアルアカウント申し込み

トライアルアカウント申込 | Switch Plus | 全てのWebマーケティング業務をSwitch 『Switch Plus』
『Switch Plus』は、Webマーケティングに必要なマーケティング活動支援ツールです。CMS(コンテンツマネジメントシステム)・MA(マーケティングオートメーション)を有したツールです。自社サイトをハブとしたマーケティング活動をやりた...

——————————————————————–
■お問い合わせ先

MarkeTRUNK編集部(ProFuture株式会社内)
担当:マーケティングG 古宮・今野
E-mail:marketing@profuture.co.jp
MarkeTRUNKサイトTOP:https://www.profuture.co.jp/mk/
——————————————————————–

■会社概要

企業名:ProFuture株式会社
代表者:代表取締役社長CEO 寺澤 康介
所在地:〒100-0014東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル5階
設立:2007年7月
事業内容:人事ポータルサイト『HRプロ』、CMS・MA一体型ツール『Switch Plus』、
               人事担当者・経営者向けイベント『HRサミット』の開催などメディア事業、
               イベント事業、ソリューション事業、人事関連の研究
URL  : https://profuture.co.jp/
——————————————————————–

▼PDFファイル▼
https://prtimes.jp/a/?f=d41222-55-bfd24c95a97b24b62f990f18a7302822.pdf

引用

ChatGPTが記事作成をサポートする機能をCMS・MAツール「Switch Plus」に搭載
ProFuture株式会社のプレスリリース(2023年10月4日 10時00分)ChatGPTが記事作成をサポートする機能をCMS・MAツールに搭載

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました