AIライティングの常識が変わる!AIライティングツール「UniCopi」にて世界初(※自社調べ)となる最先端のClaude v3を搭載、ますます高精度の記事ライティングを可能に。

ChatGPT

世界最先端のAIモデルを活用し、記事作成の効率化と品質向上を実現

株式会社Insight science(東京都中央区、代表取締役社長:村上和也)は、自社が提供するAIライティングツール「UniCopi」(ゆにこぴ)に、ライティングツールでは世界初(※自社調べ)となるClaude v3(Sonnet / Opus)を搭載(2024年3月5日リリース)、ますます高速で高精度の記事ライティングを実現しました。

 株式会社Insight scienceは、AIライティングツール「UniCopi(ゆにこぴ)」(以下、「UniCopi」)に、SEOに特化した記事作成機能に、米Anthropic社(アンソロピック)が2024年3月4日(米国時間)に提供を開始した最先端のAI「Claude v3」(クロード、※1)を世界初(※2)で搭載したことを発表しました。

※1: 参考(英語):https://www.anthropic.com/news/claude-3-family
※2: 株式会社Insight science調べ (2024年3月5日17時 時点)


【背景】
 UniCopiでは、OpenAI社のGPT-4/GPT-3.5に加え、Claude v2.1やClaude Instantを搭載して参り、実験を重ねたところ、長い文章の性能において、Claude v2.1がGPT-4を上回ると評価をして参りました。(日本語文章にての利用者による客観的な評価方法での評価)

 一方でGPT-4は、短いタイトルの考案など、あらゆる側面で高い品質を提供しております。そのため、当社では記事生成の「おまかせモード」を搭載し、最適な大規模言語処理モデル(以下、LLM)を選択できる環境を提供して参りました。その他のLLMも日本語と英語に対応できるものは一通り精度を検証しており、高いレベルで実用化が可能と判断に至ったLLMのみをリリースしております。
 このような背景から、Claudeには大変大きな期待を寄せており、この度、Claude v3のリリース発表を受け、ユーザー様の記事作成のご負担をさらに解消する目的で、最短での搭載を決定致しました。

【Anthropic社について】

Anthropic社は、2021年に設立されたサンフランシスコを拠点とするAI研究企業です。同社は、OpenAIの元研究者であるDario Amodei氏などによって共同設立されました。

Anthropicは、「Constitutional AI」と呼ばれる独自のアプローチを用いて、安全で倫理的、かつ社会に有益なAIシステムの開発を目指しています。これは、AIシステムの訓練プロセスに倫理的な制約を組み込むことで、AIが人間の価値観に沿った行動をとるようにするものです。

同社が開発したAIモデル「Claude」は、自然言語処理や会話能力において高い性能を示し、ChatGPTに匹敵するとも評価されています。

【Claude v3について】

2024年3月4日に発表された、最新型のClaudeモデルです。Anthropic社によると、「すべてのクロード3モデルは、分析と予測、ニュアンス豊かなコンテンツ作成、コード生成、スペイン語、日本語、フランス語など英語以外の言語での会話において、能力の向上を示しています。」と表現されており、GPT-4やGeminiと比較して高い性能を示していることを発表しています。


【利用できる機能】
 APIがリリースされたClaude v3 Opus および Sonnetは、既にご利用が可能な状態です。HaikuはAPIがリリースされていないため、未対応です。Claude v3は、しばらくは「おまかせモード」では搭載をしておりませんが、1週間から1ヶ月ほどの性能検証を経て、安定性が評価できた場合には、推奨LLMとして採用する予定です。

 お使いいただけるモデルは、「Claude 3 Opus」(最も賢いモデル)、「Claude 3 Sonnet」(次に賢く、スピーディなモデル)になります。

 短いコピーや広告文でのご利用できるLLMは、現在GPT-4のみとなっておりますが、性能テストにて、GPT-4と同等以上の性能が確認でき次第、そちらでもお使い頂けるようにして参ります。

【ご利用方法】
 Claude v3を活用した記事生成機能は、無料トライアルのお申込者様にてもお試し頂けます。一度トライアルをご利用いただいたお客様も、検証用途次第では再トライアルも可能です。

【代表:村上和也からのコメント】
 「この度、Claude v3という新たな新技術の可能性に出会え、とてもワクワクしております。特に驚いたのは、Claude v3 Sonnetの精度を維持した上でのレスポンスの速さです(対Claude v2.1やGPT-4)。我々は記事を上げるための工夫を様々凝らしておりますが、スピードはLLMのスピードに依存せざるを得ない部分が多く、1つの課題でした。この度、この応答性能を発揮できるClaude v3と出会えたことは、大変感銘的です。
 なお、我々はSEO記事に特化しており、ファクトチェックをサポートする機能を含めて様々な工夫を凝らしております。Chat形式のChatGPTやclaude.ai、Geminiなど様々なツールを試したものの、記事の精度がいまいちあげられず、あるいは、インプットを整備する時間に膨大な時間がかかってしまい、使うのをやめてしまった方はかなり多いと聞きます。そのような方にこそ、ぜひUniCopiを試して頂きたいと考えております。」

 

 当社は、Claude v3の搭載を皮切りに、AIライティングのさらなる進化と普及に尽力してまいります。事業者やマーケターの皆様のパートナーとして、共に新たな時代を切り開いていきたいと考えております。

【「UniCopi(ゆにこぴ)」について】

 UniCopiは、2023年4月にプロトタイプ版を、同年11月にベータ版をリリースしたAIライティングツールです。広告文やコピーアイデアに加え、2024年1月にSEO記事の生成に対応しております。月額9,900円(税込)から使えるため、中小企業から大企業のあらゆるプロモーション活動にご活用いただけます。

 事業連携、トライアル利用のご相談:以下のサービスサイトからご連絡くださいませ。

 サービスサイト:https://service.unicopi.com


【株式会社Insight science 会社概要】

会社名 :株式会社Insight science(インサイトサイエンス)
コーポレートサイト : https://insight-science.co.jp

事業内容 :クラウドサービスの開発・販売・提供
所在地 :東京都中央区日本橋小網町8-2 エクサムビル
取材等のご相談:pr@insight-science.co.jp

引用

AIライティングの常識が変わる!AIライティングツール「UniCopi」にて世界初(※自社調べ)となる最先端のClaude v3を搭載、ますます高精度の記事ライティングを可能に。
株式会社Insightscienceのプレスリリース(2024年3月6日11時30分)AIライティングの常識が変わる!AIライティングツール「UniCopi」にて世界初(※自社調べ)となる最先端のClaudev3を搭載、ますます高精度の記事ライティングを可能に。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました