AIと金融DXのMILIZE、生成AIを活用した株式銘柄検索エンジン「Kabu Ad(α版)」を開発

ChatGPT

金融工学専門のクォンツ・リサーチ社の分析データを利用

 AIと金融DXの株式会社MILIZE(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 徹、以下「MILIZE」)は、クォンツ・リサーチ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:西村 公佑、以下「クォンツ・リサーチ」)と協業で、生成AIを活用した株式銘柄検索エンジン「Kabu Ad(カブアド)(α版)」を開発しました。

■背景

 近年、金融市場は急速にデジタル化が進み、個人投資家から機関投資家に至るまで、迅速かつ正確な情報収集と分析が求められています。その中で、生成AIの進化は目覚ましく、その応用範囲は金融業界においても広がりを見せています。これにより、投資判断の効率化や高度化が進み、従来の手法では得られなかった洞察を得ることが可能となりました。

 MILIZEは、これまでに培った金融DXの技術とAIの知見を活かし、生成AIを用いた新たな株式銘柄検出エンジンの構築を進めており、この度、クォンツ・リサーチ社との協業により、「Kabu Ad(カブアド)」(株投資のアドバイザー)を開発する運びとなりました。生成AIをチャットの形ではなく、株式銘柄選びのプロセスを処理するエージェントとして活用しています。

 クォンツ・リサーチは金融工学とITを融合したサービス開発、モノ創りを特長としており 「見えない価値を可視化」する新たな商品・サービスをお客様と共に考え、開発しております。創業以来、金融分野でのサービス提供実績を中心に、投資家の判断を支援する様々な情報提供サービスを行っている他、大量データ処理のノウハウを活かしたデータ分析基盤の構築、コンサルティングからデータを活用した新しいビジネスモデルの検討、開発、運用まで、お客様のニーズに応じたサービス支援を展開しております。

 「Kabu Ad」は、生成AIの持つ自然言語処理能力を駆使し、クオンツ・リサーチの提供する膨大なテクニカル、ファンダメンタルデータの中から潜在的な投資機会を検出し、ユーザーのニーズに応じたシンプルかつ有用な情報を提供することで、投資初心者にも分かりやすく、株式投資を始めるきっかけとなる情報を提供します。

投資のきっかけとなる情報を提供することで、個別株投資の魅力を広め、投資家の裾野を広げることを目指します。新しいNISAの活用のためにも有効なものになると確信しています。

■「Kabu Ad(α版)」について

 「Kabu Ad(α版)」は、個別株初心者にとって難しい分析をせずとも自分にあった個別株の銘柄を推奨してくれる生成AIを活用した銘柄検索エンジンです。生成AIの持つ自然言語処理能力を駆使し、膨大なデータの中から潜在的な投資機会を検出し、ユーザーのニーズに応じたシンプルかつ有用な情報を提供することで、投資初心者にも分かりやすく、株式投資を始めるきっかけとなる情報を提供します。個人投資家は、忙しい毎日でも簡単に情報を確認することができます。また、利用者は、金融工学専門のクォンツ・リサーチ社の分析データを閲覧することができます。「Kabu Ad」各金融機関から個人投資家様に提供するサービス・MILIZEが直接個人投資家様に提供するサービスとして、展開する予定です。

 今後は銘柄推奨だけではなく、ポートフォリオの見直しのアドバイス機能を開発を予定しています。

画面イメージ

 MILIZEは金融の民主化を目指し、AIと金融工学を活用した独自性の高い情報提供を投資判断に利用できる未来を見据え、多くの投資家が質の高い情報にアクセスできる環境を目指します。


■株式会社MILIZE 概要

社 名:株式会社MILIZE
U R L:https://milize.co.jp/ 
所在地:〒108–0023 東京都港区芝浦4丁目12番38号 CANAL GATE SHIBAURA (キャナルゲート芝浦) ビル6階
設 立:2009年4月
代表者:代表取締役社長 田中 徹
事業内容:金融工学、AI研究、フィンテックツールの企画・開発・運用、金融マーケティング支援


■お問い合わせ

株式会社MILIZE
営業本部 田中沙織
電話:03-4500-1311
お問い合わせフォーム:https://milize.co.jp/contact

引用

AIと金融DXのMILIZE、生成AIを活用した株式銘柄検索エンジン「Kabu Ad(α版)」を開発
株式会社MILIZEのプレスリリース(2024年5月22日 11時00分)AIと金融DXのMILIZE、生成AIを活用した株式銘柄検索エンジン「Kabu Ad(α版)」を開発

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました