純国産ノーコードETLツール「Waha! Transformer」、生成AI連携オプションを開発

ChatGPT

~特許出願中の技術で、セキュアな生成AI利用を実現~

株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:北野 裕行、東証スタンダード市場:3800、以下 ユニリタ)は、純国産ノーコードETLツール「Waha! Transformer(ワハ・トランスフォーマー)」の最新オプションとして「生成AI連携オプション (β版)」を2024年6月に提供開始します。このオプションは特許出願中の技術により、セキュアな生成AIの利用を可能にします。

生成AI連携オプション (β版)」は、機密性の高い社内情報を生成AIに学習させることなく、検索拡張生成(RAG)を使用時もクラウドにアップロードせずセキュアな生成AI利用を実現します。

また、ローカル環境で社内情報を保持しつつ、クラウド上の生成AIと検索拡張生成(RAG)を低コストで利用することが可能です。

「Waha! Transformer」のあらゆるシステムやデータソースに接続できる特長を活かし、各種データベースや基幹システム、クラウドサービス、Excelなど、多様なデータソースとの直接連携が可能であり、プログラミングやSQLなどの専門知識を持たずとも、短期習得できるシンプルな操作で格納されている大量データを連携・加工を自動化することができます。これにより、生成AIの学習時に必要なデータクレンジング作業を自動化することができます。

この「生成AIオプション(β版)」の利用により、生成AI活用時の課題である「情報漏洩のリスク」「高コストでの運用」「データクレンジング作業の負担」を解決し、生成AIを利用することが可能です。

また、生成AIオプション(β版)の適用業務例として、以下の業務効率化に貢献します。

  • 文章の要約

大量の文書やレポートを短時間で要約し、重要な情報を迅速に把握することができます。これにより、意思決定のスピードが向上し、業務効率化を実現します。

  • ナレッジ検索

膨大なデータベースや文書から必要な情報を瞬時に検索し、適切な情報を提供します。これにより、必要な情報を迅速に取得し、業務の質を向上させることができます。

※ご要件によっては、上記以外の業務でもお使いいただくことが可能です。

詳細なリリース日については、弊社ウェブサイトおよび公式SNSにて改めてお知らせします。

▽「生成AI連携オプション (β版)」の概要はこちらから
https://waha-transformer.com/topics/generative-ai.html

「Waha! Transformer」は、1999年の提供開始以来25年以上の運用実績を誇る、純国産のノーコードETLツールです。日本のビジネス環境にあわせて、基幹系システムからクラウドデータベース、Web APIやExcelファイルまで、さまざまなデータの連携を支援します。

現在、大手企業を中心に2,300ライセンス以上導入されています。

株式会社ユニリタ https://www.unirita.co.jp

ユニリタの強みは、IT領域における「データマネジメント」「サービスマネジメント」「プロセスマネジメント」。これらの強みを活かし、デジタル社会でのビジネス貢献と業務効率化や生産性向上を実現するための製品とサービスを提供しています。そして、サステナブルな社会基盤を支えるお客様のDXを支援するため、IT課題、事業課題、さらには社会課題をデジタル技術で解決すべく事業の拡大を図っています。

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】

株式会社ユニリタ クラウドサービス事業本部ITイノベーション部
https://waha-transformer.com/contact.html

※本プレスリリースに記載の会社名、製品名・サービス名は商標または登録商標です。

※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

引用

純国産ノーコードETLツール「Waha! Transformer」、生成AI連携オプションを開発
株式会社ユニリタのプレスリリース(2024年6月6日10時00分)純国産ノーコードETLツール「Waha!Transformer」、生成AI連携オプションを開発

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました