生成AI開発を効率化できるDify.aiとは?

ChatGPT

今回は生成AI界隈で話題の生成AI開発ツール「Dify.ai」を紹介します。

Dify.aiとは?

Dify.aiは、オープンソースの大規模言語モデル(LLM)アプリケーション開発プラットフォームです。Backend-as-a-Service(BaaS)とLLMOpsの概念を組み合わせ、開発者が本番レベルの生成AIアプリケーションを迅速に構築できるようにします。
Dify.aiはクラウド、ローカル、APIなどの様々な環境で実行することができます。

Dify.aiの主な特徴と機能

ビジュアルプロンプトオーケストレーション:

Difyは、ビジュアルインターフェースを提供し、プロンプトの作成・デバッグを容易に行えます。

LLMOps統合:

様々なモデルの利用や管理、ログの記録、データのアノテーション、モデルの微調整を一元的に行うためのインターフェースが提供され、継続的な運用と改善が可能です。

柔軟なエージェントフレームワーク:

カスタムエージェントを簡単に作成でき、複雑なタスクを自動化して実行できます。

バックエンドAPI:

ウェブアプリケーションに直接アクセスしたり、複雑なバックエンドのアーキテクチャやデプロイメントプロセスを心配することなく、APIを統合することができます。

データセキュリティとプライバシー:

自社内にDifyをデプロイすることで、データのセキュリティやプライバシーを確保しながら、エンタープライズレベルのAIソリューションを構築できます。

Dify.aiの料金

Dify.aiは環境に合わせて様々なプランが用意されています。

項目サンドボックスプランプロフェッショナルプランチームプランエンタープライズプラン
料金無料$59/月$159/月カスタム
メッセージクレジット/月200回5,000回10,000回カスタム
サポートされるモデルOpenAI, Anthropic, Llama2, Azure OpenAI, Hugging Face, ReplicateOpenAI, Anthropic, Llama2, Azure OpenAI, Hugging Face, ReplicateOpenAI, Anthropic, Llama2, Azure OpenAI, Hugging Face, ReplicateOpenAI, Anthropic, Llama2, Azure OpenAI, Hugging Face, Replicate, オープンソース
チームメンバー数13無制限無制限
アプリケーション数1050無制限無制限
ベクトルストレージ5MB200MB1GB無制限
ドキュメントアップロードクォータ50(1回ずつアップロード)500(まとめてアップロード可)1,000(まとめてアップロード可)無制限(まとめてアップロード可)
メッセージリクエスト/日500無制限無制限無制限
注釈クォータ102,0005,000無制限
ログ履歴15日無制限無制限無制限
カスタムツール利用不可10無制限無制限
サポートコミュニティフォーラムメールサポート優先メール・チャットサポートパーソナライズドサポート

最新の価格はこちらから
Dify AI · Plans and Pricing

Dify AIの使い方

最初にDify.aiにアクセスします。

Dify.AI · 先進的なAIアプリケーションのためのイノベーションエンジン

「始める」をクリックしてください。

「Github」または「Google」のアカウントでサインアップすることができます。

最初に利用するLLMのAPIキーを設定します。
※APIキーの設定しなくても(gpt4を除く)OpenAIモデルは制限有りで利用できます。

今回はOpenAIのAPIキーを設定します。

設定は以下のようになります。
APIキー:以下のURLから取得方法を確認してください。

OpenAIのAPIとは?概要からAPIキーを取得する方法まで | BizTechDX

Organization:OpenAIPlatformの以下の項目から設定を確認できます。

API Base:特に理由がなければhttps://api.openai.comを設定してください。

設定が終われば試しにチャットボットアプリを作成してみます。
「最初から作成」を選択してください。

チャットボットを選択した状態のまま「アプリのアイコンと名前」と「説明」を入力します。

各種設定ができます。
今回はモデルを「GPT4o」に変更してみました。

「公開する」を選択して「アプリを実行」を選択します。

チャットボットの画面に遷移されます。

試しに「日本一高い山は?」と質問をしてみました。

以上でDify.aiの使い方です。

おわりに

今回はDify.aiの使い方について解説しました。
簡単な操作でチャットボットを作成して、公開することができました。
機能はまだまだたくさんあるので、今後もDify.aiを使った内容を記事にしようと思います。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました