生成AIサービスSABOROT、自分専用のカスタムAIを手軽に作成できる「My Bot」を正式リリース

ChatGPT

GPT-4ベースのカスタムAIボットを無料で作成

SABOROT(代表者:海老原真一)は、GTP-4を利用したAIボットサービスを提供しています。自分専用にカスタマイズしたAIを簡単に作成できる「My Bot」機能を正式リリースしました。この機能は無料プランでもご利用いただけます。

背景

2023年11月、OpenAI社が提供するChatGTPにおいて、特定の目的に合わせてChatGTPをカスタマイズできる「GTPs」サービスが開始され、さらに2024年1月には「GTP Store」もオープンしました。GTP Storeでは既に数百万件のGTPsが公開されており、オリジナルAIの作成と利用が普及しつつあります。

しかしながら、GTPsの利用拡大にはまだ制約・課題も残っています。現時点では作成・利用とも有料ユーザー(月額20ドル)に限定されており、利用頻度が少ないユーザーにとっては敷居が高いです。また、GTP Storeには類似したGTPsが数多く存在し、日本語ではうまく機能しないケースも少なくないため、自分に最適のものを見つける事が難しくなっています。さらに、自分の用途にフィットさせるにはプロンプト修正のスキルが必要です。

新機能「My Bot」の特徴

SABOROTが正式リリースした「My Bot」はGTPsと同様、個人用のオリジナルAIを簡単に実現できる機能として開発しました。

本機能は無料ユーザーでも利用できます。有料プランも月額500円~と少額で、ご利用頻度に合わせて活用できます。

日本語圏での利用を前提に専門家が作成した目的別のAIカタログ(テンプレート)からボットを選び、個別情報を入力するだけで簡単にカスタマイズを行えます。プロンプトエンジニアリングの専門知識は必要なく、実行しながらチューニングが可能です。

ベータ版段階のユーザーヒアリングにおいて「生成AIがワンタッチで使いこなせる」「自分専用のAIが友達になった」との声を頂き、正式リリースの運びとなりました。

自分専用にカスタマイズしたAIボットを作成できます
MyBot一覧からいつでも呼び出せます
予め設定・記憶した内容にフィットした回答が得られます

操作イメージ

SABOROTの基本操作および「My Bot」の利用イメージは下記動画でご覧いただけます。

基本の使い方(1分)

My Bot(あなた専用AI)の作り方(1分)


SABOROTについて

SABOROTはGTP-4をベースにしたAIチャットボットサービスです。PCやスマートフォンからご利用いただけます。以下が特徴です。

1.多様なAIボットコレクション

 目的別に最適化した100以上のAIボット・サンプルを用意しています。

 趣味や生活支援からビジネス利用まで多様なジャンルがあります。

2.ワンタッチですぐ利用

 必要な項目を入力するだけでワンタッチで利用できます。

 プロンプト作成に関する専門知識がなくても生成AIを使いこなせます。

3.自分専用AI「My Bot」【New】

 よく使うボット&設定を「My Bot」として保存できます。

 これにより、自分専用にカスタマイズされたAIボット作成できます。

4.日本語圏での利用に最適化

 ChatGPTのモデル(GTP-4)をベースに、日本語圏での利用向けにチューニングしました。

 サービス開発者は日本人です。日本の慣習・制度・文化に応じた出力を得られます。

AIボットの一部
・メール生成 ・旅行先の提案 ・ダイエットのコーチ ・美容アドバイス ・病気の簡易診察 ・ゴルフのコーチ ・恋愛相談 ・目標設定と実行計画 ・英会話レッスン ・趣味の提案 ・英会話 ・商品/サービス企画 など

サンプル集…今すぐ体験!
※アカウント登録不要、ワンクリックでお試しできます

AIに旅行先を提案してもらう
AIに家事の悩みについてアドバイスをもらう
AIにゲーム攻略法を聞いてみる
AIにビジネスメールを書いてもらう
AIに新商品・サービスのアイディアを出してもらう

SABOROT

  • 所在地:東京都渋谷区道玄坂1丁目10番8号 渋谷道玄坂東急ビル2F−C
  • 代表者:海老原真一
  • 設立:2023年8月
  • Webサイト:https://saborot.com

引用

生成AIサービスSABOROT、自分専用のカスタムAIを手軽に作成できる「My Bot」を正式リリース
SABOROTのプレスリリース(2024年2月20日 10時00分)生成AIサービスSABOROT、自分専用のカスタムAIを手軽に作成できる「My Bot」を正式リリース

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました