独自のClaude 3チャットボットを簡単に作成可能に!miiboが新モデルを搭載。

ChatGPT

会話型AI構築プラットフォームのmiiboがAnthropic社提供の「Claude 3 Sonnet」「Claude 3 Opus」に対応。様々な高性能LLMを使い分けられるプラットフォームに進化。

株式会社miiboの提供する会話型AI構築プラットフォームのmiiboは、Anthropic社の提供する高精度言語モデル「Claude 3」に対応したことを発表致します。

miiboは、様々なLLMをカスタムして会話型AIプロダクトを構築することのできるプラットフォームです。LLMに専門知識を与え、AIチャットボットやAIアバターの構築を爆速で行うことが可能です。

miibo 公式サイト
https://miibo.jp

この度、miibo上でClaude 3のモデルを利用し、爆速かつ効率的にAIを構築できるようになりました。

Claude 3とは?

Claude 3は米Anthropic社が3月4日にリリースした、最新の言語モデル。「Opus」「Sonnet」「Haiku」の3サイズが存在します。
https://www.anthropic.com/news/claude-3-family

これまで最高精度を誇ってきた言語モデルGPT-4に匹敵するモデルとして、現在大きな注目を集めています。

miiboのClaude 3対応で何ができるのか

miiboは様々なLLMをカスタムして、様々なAIチャットボットとして公開できます。

例:

・自社サービスの情報を与えてCSチャットボットとして運用する

・社内情報を与えてヘルプデスク用ボットを作成する

この度、「Opus」「Sonnet」の両モデルをサポートしたことにより、専門知識を与えたClaude 3をベースのAIチャットボットを手軽に運用できるようになりました。

miiboにおけるClaude 3の利用方法

miiboは下記のページから無料で利用を開始することができます。
https://miibo.jp

miiboでエージェント(AI)を作成後、miiboの設定画面で行う「言語モデルの選択」にてClaude 3のモデルを選択してください。

AIによる応答の設定
言語モデルの選択

※より安定した状態で利用をしたい場合は、APIキーをお試しください。より安定した状態でご利用いただけます。

【miibo利用ガイド】
https://zenn.dev/makunugi/books/c5b3307e39dde3

miiboは新LLMを追従

miiboは様々なLLMを簡単にスイッチして利用することができるプラットフォームです。

今後、高性能なモデルが次々と登場することが予想されます。それぞれの仕様の違いを吸収しながら、新モデルをいち早く取り込んで行く方針です。様々なLLMを使い分け、コストや性能を最適化したAIを運用したい方は、ぜひmiiboをご活用ください。

引用

独自のClaude 3チャットボットを簡単に作成可能に!miiboが新モデルを搭載。
株式会社miiboのプレスリリース(2024年3月11日 19時05分)独自のClaude 3チャットボットを簡単に作成可能に!miiboが新モデルを搭載。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました