楽天とOpenAI、通信業界に向けた最先端のAIツール提供に向けて協業

ChatGPT

– 楽天のOpen RANとOpenAIのAI技術に関する知見を組み合わせ、通信業界に特化した最新AIソリューション開発を目指す –

 楽天グループ株式会社(以下「楽天」)とOpenAI, L.L.C.(以下「OpenAI」)は、戦略的協業を通じて、通信業界向けの最先端AI(人工知能)ツールを共同開発し、今後提供を行うことを発表しました。楽天のOpen RANとOpen AIのAI技術に関する知見を組み合わせることで、通信業界に特化した最新AIソリューションの開発を目指します。

 両社は、モバイルネットワークの計画や、構築、管理を行う際に生じる通信事業者固有のニーズと課題に対処するAIツールを開発します。現在展開しているAIプラットフォーム「Rakuten AI」を、カスタマーサービス、ネットワーク最適化、および不具合を事前に察知し故障を防ぐ予知保全に関するソリューションを含むプラットフォームへと進化させます。これにより、通信事業者がネットワーク上の問題をリアルタイムに近い形で検出して解決する機能が強化されるだけでなく、サービスへの信頼性とパフォーマンスを向上させながら、応答性の高いネットワーク運用を可能にします。

 楽天のCDO (Chief Data Officer)のティン・ツァイは、次のようにコメントしています。「通信業界は、テクノロジーの進化に適応できるか取り残されるかの大きな転換点を迎えています。Open RANはソフトウェアをハードウェアから切り離し、クラウド上でデータによりアクセスしやすくすることで、大規模なAIアプリケーションによる運用に最適な環境を作り出します。今回のOpenAIとの協業により通信業界に変革をもたらし、消費者や企業等に新たな価値を提供していくことを楽しみにしています」

 OpenAIのCOO(Chief Operating Officer)であるブラッド・ライトキャップは、次のようにコメントしています。「楽天との協業を通じて、AIの真価を通信の世界へと展開できることを嬉しく思います。また、世界中の通信業界の顧客に最先端のソリューションを提供できることを楽しみにしています」

 楽天グループにおいて通信事業を担う楽天モバイルとその子会社である楽天シンフォニーは、Open RAN技術に基づく世界初(注1)の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークを展開し、世界の通信業界における変革を牽引しています。楽天は、これまでに楽天モバイルを通じて培った新技術導入の知見を生かし、通信業界における実際の課題を反映する具体的なシナリオと事例を提供していきます。

 本協業は、2023年11月に発表した戦略的パートナーシップに基づいて推進されており(注2)、両社は、楽天のOpen RANに関する専門知識と、OpenAIのAI技術を組み合わせることで、通信業界におけるAI活用のあり方に革新を起こしてまいります。

(注1)大規模商用ネットワークとして(2019年10月1日時点)/ ステラアソシエ調べ
(注2)楽天、AI分野における戦略的パートナーとしてOpenAIが参画し、新プラットフォーム「Rakuten AI for Business」を発表(2023年11月14日)
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2023/1114_02.html

※本プレスリリースに掲載の商品名称やサービス名称などは、一般に各社の商標または登録商標です。

以 上

※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

引用

楽天とOpenAI、通信業界に向けた最先端のAIツール提供に向けて協業 | 楽天グループ株式会社
楽天グループ株式会社(以下「楽天」)とOpenAI, L.L.C.(以下「OpenAI」)は、戦略的協業を通じて、通信業界向けの最先端AI(人工知能)ツールを共同開発し、今後提供を行うことを発表しました。楽天のOpen RANとOpen A...

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました