業務を効率化・拡張できるMicrosoft PowerPlaformとは

powerplatform PowerPlatform

PowerPlatformとは

PowerPlatformは、Microsoft社が提供するビジネスプラットフォームで、ローコード(少ないプログラミングと設定)を使用してビジネスアプリの作成、業務の自動化、お問い合わせ対応、データの可視化、顧客向けWebサイトの作成などのソリューションを実現できます。
PowerPlatformを使うことで様々な業務をデジタル化し最適化することが出来ます。
またPowerPlatformは様々なデータソースやアプリケーションとの連携を可能にするコネクタと呼ぶ他サービスとの連携機能を提供しています。
コネクタを利用することで様々な企業のデータを集約し、活用することで繋がる全体最適なシステムを構築することが可能です。

PowerPlatformの構成製品群

PowerPlatformは以下5つの製品から構成されます。

PowerApps

Power Appsは、Excelと同じような関数やPowerPointのプレゼンテーション作成のようなパーツ操作を利用して、業務アプリを構築できるサービスです。
Excelとの連携やチャットボットの導入、MicrosoftPowerAutomateとの連携による業務効率など様々な拡張を可能にします。

PowerAutomate

Power Automateは、直感的な操作でファイルのコピーや移動、通知処理、データ集計、承認事項のプロセスなど、様々な業務を自動化することが可能なツールになります。
決められた手順や作業内容をPower Automateにインプットするだけで、あとは開始から完了まで自動的に処理が可能なサービスになります。

PowerBI

Power BIは様々なデータソースからビジネス活動から得られるデータを収集・保存・加工・分析することができます。
Power BIによってビジネスの現状を迅速に可視化することができ、より優れた意思決定が可能になります。

PowerPages

Webサイトを簡単に作成できるサービスで、認証基盤とデータを統合することで顧客向けの会員サイトを構築することが可能です。
また複数のステップのフォームを統合し設置したり、Dataverseにデータを集約しデータのモデル化とビジュアル化が可能になります。

Power Virtual Agents

チャットボットを簡単に構築できるサービスで、従業員や顧客向けのお問い合わせの回答やQ&Aなどの対応の自動化が可能で担当者の業務負荷の軽減や顧客や従業員のエンゲージメントの向上を実現できます。

PowerPlatformで何ができるか?

PowerPlatformには様々な機能がありますが、MicrosoftのクラウドサービスであるAzureやOffice365と統合することで企業のビジネス基盤を一括して構築することが可能です。
例えばExcelの申請書をPowerAutomateのワークフロー機能で申請・承認を行い結果をPowerAppsに集約したり、日々の顧客情報をPowerAppsで集約し売上情報をPowerBIで可視化して、受注後の情報をプロジェクト管理のPowerAppsに転記するなど様々な活用が出来ます。
またクラウドサービスのAzureと統合することで顧客と従業員の情報をセキュアに一元管理することや、AzureOpenAIと連携して、業務システムにAIを導入することも可能です。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました