東武トップツアーズ、農業関係者向けChatGPT「金次郎」日本農業新聞と共同開発しJA(農業協同組合)へ提供

ChatGPT

ChatGPT「金次郎」イメージ

東武トップツアーズ株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:百木田康二)は、株式会社日本農業新聞(代表取締役社長:廣田武敏)と連携し、農業関係者向けのChatGPT「金次郎」を開発しましたのでお知らせいたします。ChatGPT「金次郎」は、農業に関する情報共有と効率化を目的に開発されたもので、人工知能を活用した自然言語処理の技術を駆使し、農業に特化した情報提供やコミュニケーションの支援を行います。

  • 開発に至った経緯

農業は多くの課題を抱えながらもその重要性と可能性に注目が集まっています。しかしながら、情報連携やコミュニケーションの不足から効率的な情報共有が難しいという側面があります。現状を打開するためにも、当社は農業の発展と情報共有の重要性に着目し、ChatGPT「金次郎」の開発に至りました。ChatGPT「金次郎」を活用することで農業関係者が必要な情報へ簡単にアクセスできる環境を提供していきます。

  • ChatGPT「金次郎」の特徴

●農業関連の質問、情報収集、相談などさまざまな用途に活用可能です。

●最新情報や市場動向、作物の栽培方法など、多くの知識を有しているため、農業関係者を幅広くサポートします。

●自然言語処理の技術を駆使しているため、ユーザーの質問に対して適切な回答を提供します。

●開発後も農業分野の学習を続け、ユーザーからのフィードバックを反映させながら、より精度の高い情報提供を目指しています。

  • ChatGPT「金次郎」の利用方法

日本農業新聞を通じて利用を申し込んだJAの方にパスワードが提供されます。パスワード受け取り後ご利用いただけます。

 

当社は今後も地域の観光振興およびAI技術活用による課題解決等を行い、地域経済の活性化に貢献してまいります。

引用

東武トップツアーズ、農業関係者向けChatGPT「金次郎」日本農業新聞と共同開発しJA(農業協同組合)へ提供
東武トップツアーズ株式会社のプレスリリース(2023年10月26日 14時00分)東武トップツアーズ、農業関係者向けChatGPT日本農業新聞と共同開発しJA(農業協同組合)へ提供

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました