日本語精度最高峰のAI議事録を個社カスタマイズできる『Rimo Custom AI』を提供開始

ChatGPT

安全な個社環境で高速処理・話者分離など高度なAI議事録導入を実現

日本語特化のAI議事録サービス『Rimo Voice』を提供するRimo合同会社(本社:東京都渋谷区、代表:相川 直視)は、2024年2月8日(木)より、日本語精度最高峰(※1)のAI議事録を企業ごとにカスタマイズし、個社専用環境で安全に利用いただけるシステム開発サービス『Rimo Custom AI』を提供開始します。

従来のSaaS製品である『Rimo Voice』は、日本語特化による精度の高さや高速処理・話者分離などの技術力が評価され、大手エンタープライズ企業様を中心に12万アカウントを超える導入実績を誇っています。
『Rimo Custom AI』では、『Rimo Voice』を通じて提供してきた高度なAI技術を安全な個社専用環境で利用可能にし、専門用語や話者分離など企業の独自の要件や社内システムとの連携を実現します。このサービスは、数社限定での受け付けとなります。

※1:Rimo社独自の技術により高精度な日本語に特化したエンジンを開発。

  ▲『Rimo Voice』導入実績

高度なテクノロジーを活用したカスタムソリューション

Rimo社がこれまで培ってきた技術は、以下のような特徴を有しています。

  • 高精度な日本語エンジン:Rimo社の技術は、1時間の音声をわずか5分で文字起こし可能。高精度な独自の日本語エンジンを開発。
  • 専門用語への対応:辞書登録機能により、専門用語への対応が可能。
  • 多言語と翻訳機能:複数の言語に対応し、翻訳機能の追加も可能。
  • 高精度な話者分離:声紋登録に基づく高精度な話者分離技術。
  • 共同編集とAI編集機能:Google DocsやNotionのような共同編集機能とAIによる編集機能。
  • ChatGPT連携:ChatGPTとの連携により、要約や指定フォーマットでのまとめが可能。
  • 外部連携ツールの対応:Word出力やTeams連携など、幅広い外部ツールとの連携。
  • 安全なセキュリティ:情報セキュリティ認証ISMS「ISO/IEC 27001」と「ISO/IEC 27017」を取得。IPアドレス制限、シングルサインオンなどの機能追加も可能。

これらの技術は、従来のSaaS製品『Rimo Voice』を通じて、議事録やライティング領域での働き方や生産性向上に貢献してきました。

一方で、専門用語に対応したい、話者分離の精度をあげたい、自社サーバー内に構築したい、要約した文章を社内システムに入れたい、などのご要望に最適なソリューションを提供するには、一律のサービス提供では限界があるとの認識から、今回の個別開発の取り組みに至りました。

  ▲日本語特化の開発実績

企業ごとのニーズに合わせたカスタマイズ

『Rimo Custom AI』は、企業の特定のニーズに合わせて高度な機能をカスタマイズし、独自のシステム開発を行います。これにより、企業の独自の要件やワークフローに合わせた最適なソリューションを提供することが可能になります。

  1. 情報漏洩しない安全な個社環境
    従来、セキュリティの観点から外部のSaaS製品を導入することに懸念を抱いていた企業様にとって、個社専用環境にシステム開発を行うことで、情報漏洩しない安全な環境でのAI導入を実現します。
  2. 専門用語や話者分離など独自の要件に特化
    専門用語が登録できる辞書機能や話者分離機能を有したSaaS製品は存在しますが、『Rimo AI Custom』のカスタマイズにより、実用レベルまでその精度を引き上げます。
  3. 社内システム連携
    あらゆる社内システムとの連携を可能にし、効率的なソリューションを提供します。

無料ご相談会実施!AI議事録に悩む方向けに専門アドバイスを提供

現在議事録のシステム導入をご検討中の企業様を対象に、先着数社限定で無料ご相談会を実施します。AI議事録業界における最新の情報や技術に関する専門知識について、元Googleエンジニアの代表をはじめとするテクニカルアドバイザーが面談にて直接ご相談にお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


・社内で議事録システム開発を検討中の方
・既存のSaaSでは議事録システムの精度に限界を感じている方
・議事録システムを社内のツールと連携したい方
・これから議事録システムの導入を考えている方
・ChatGPTの漏洩が気になる
・音声エンジンに関する技術的な相談がしたい方。
・話者分離や専門用語などに特化したい方。

すでにRimo Voiceをご利用中のお客様もご相談いただけます。
ぜひ下記予約フォームよりご連絡ください。

<無料AI議事録相談会予約フォーム>
https://forms.gle/qr3a1mt6rxfvmHqk7

Rimo合同会社は、「はたらくを未来に」というビジョンのもと、革新的なAI技術を活用した議事録およびライティングサービスを提供する企業です。効率的かつ正確な情報管理を通じて、企業の生産性向上に貢献していきます。

【会社概要】

Rimo合同会社

• 設立日:2019年10月1日
• 資本金:300万円
• 代表社員:相川 直視
• 所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階
• URL:https://rimo.app

相川 直視

Rimo合同会社の代表兼エンジニア。大学卒業後Googleに入社し検索システムの開発に従事。その後Wantedlyの開発メンバーとして参画し、Wantedly Peopleアプリの開発リーダーを務める。2019年10月よりRimo合同会社を創設。

『Rimo Voice』-音声をすぐ文字に。AIでカンタン文字起こし。-

会議の議事録や会話の記録、執筆のための取材など、1時間の音声データを5分程度で文字化し、AIが自動で要約、最終成果物まで生成します。日本語特化の独自チューニングで、高速処理・話者分離など高度なAI議事録導入を実現します。

AI文字起こし/議事録サービス『Rimo Voice』:https://rimo.app

引用

日本語精度最高峰のAI議事録を個社カスタマイズできる『Rimo Custom AI』を提供開始
Rimo合同会社のプレスリリース(2024年2月8日 11時02分)日本語精度最高峰のAI議事録を個社カスタマイズできる『Rimo Custom AI』を提供開始

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました