仏教対話AIの多様化に成功―親鸞ボットと菩薩ボットの増産―

ChatGPT

 熊谷誠慈 人と社会の未来研究院准教授と古屋俊和 株式会社テラバースCEOらの研究開発グループは、生成系AI「ChatGPT 4」と宗教を掛け合わせた新型チャットボット「親鸞ボット」と「世親ボット」を共同開発し、仏教対話AIの多様化に成功しました。さらに、両ボットのAR(拡張現実)技術を開発し、宗教史を代表する仏教聖人ボットとのテキスト対話のみならず、視覚や聴覚を用いたマルチモーダル(多感覚的)なコミュニケーションもできるようになりました。

 親鸞ボットと世親ボットは、日本最大の仏教宗派である浄土真宗の開祖親鸞(12~13世紀)、大乗仏教の二大哲学の一つである「唯識」を大成した菩薩の世親(4世紀)という、2人の仏教聖者をモデルとした人工知能です。発表済みの「ブッダボット」、「ブッダボットプラス」と同じく、現存する仏教聖典を機械学習し、人々の様々な悩みに宗教的観点から回答してくれる仏教対話AIの一種です。

 このたび、新旧ブッダボットに加えて、親鸞ボット、世親ボットが開発されたことで、仏教の教えを生み出した「ブッダ」、その教えをさらに哲学的に分析した「菩薩」、そして、教えをアジア各地で伝えた「高僧」という、仏教の主要なタイプの伝道者の対話ボットが揃いました。今後さらに、人類史を代表する哲人や聖者たちの対話AIを順次開発し、デジタル空間上に豊かな伝統知を再現していく予定です。

研究イメージイラスト:仏教対話AIの複数化に成功(©京都大学 熊谷誠慈)

研究者のコメント

「今回の『親鸞ボット』および『世親ボット』の開発により、仏教対話AIの多様化に成功しました。今後、伝統知とテクノロジーを融合した『伝統知テック』開発をさらに加速し、より豊かなデジタル文化を提供して参りたい所存です。」(熊谷誠慈)

詳しい研究内容について

仏教対話AIの多様化に成功―親鸞ボットと菩薩ボットの増産―

研究者情報

研究者名

熊谷 誠慈

京都大学 教育研究活動データベース 

関連部局

人と社会の未来研究院

引用

仏教対話AIの多様化に成功―親鸞ボットと菩薩ボットの増産―
熊谷誠慈 人と社会の未来研究院准教授と古屋俊和 株式会社テラバースCEOらの研究開発グループは、生成系AI「ChatGPT 4」と宗教を掛け合わせた新型チャットボット「親鸞ボット」と「世親ボット」を共同開発し、仏教対話AIの多様化に成功しま...

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました