マターマネジメントシステム「GVA manage」がChatGPT APIを活用した法律相談QAデータベース作成の自動化とAIチャットボット機能をリリース

ChatGPT

生成AIとチャットボットを活用し、法務担当者の工数削減とナレッジマネジメントに貢献


企業の法務担当者は、日々さまざまな部署から法律相談を受けますが、類似の相談やほかの法務担当者が回答済の相談内容はあるが活用できていないこともあり、これらの案件への対応は法務担当者の工数を圧迫し、大きな課題となっていました。

このような課題を解決するために、過去の法律相談の質問と回答をデータベース化し、チャット形式で回答を呼び出す機能をリリースしました。

この機能は、ChatGPT APIと連携することで、過去に質問のあった法律相談から自動でデータベースを作成します。

法律相談QAデータベースの質問と回答については、GVA manage上のAI法務チャットボットに自然言語で質問すると、類似の質問と回答を呼び出すことが可能です。また、質問と回答はChatGPTにより要約されるため、内容の把握が容易になります。
なお、本サービスはAzure OpenAI Serviceを利用するため、GVA manageに蓄積された法律相談の内容は、ChatGPTの学習に使用されることはありません。

ChatGPTを活用し、法律相談QAデータベースを自動作成することで、法律相談に対応する工数を削減し、業務効率化を実現するだけでなく、法務部内で質問と回答を容易に共有することが可能になります。その結果、業務効率の向上に加えて、ナレッジマネジメントを実現できます。

◆詳細は特設ページからご覧ください。
https://gvamanage.com/lp/legal-knowledge-with-chatgpt

また本機能のリリースに伴いセミナーを予定しております。

セミナータイトル:

【法務×生成AI】ChatGPTとチャットボットの活用で法律相談QAを自動で呼び出し

日時:

1月26日(金)12時10分~12時30分
2月16日(金)12時10分~12時30分
※両日とも同じテーマのセミナーとなります。

開催方法:

オンライン(Zoom)

◆詳細はセミナーページからご覧ください。

1月26日(金): https://gvamanage.com/seminar/qadata_base0126/
2月16日(金): https://gvamanage.com/seminar/qadata_base0216/


■GVA manageのサービス概要

GVA manage(ジーヴァ マネージ)は、契約書の作成・レビューや法律相談などの法務案件を一元管理するクラウドサービスです。法務案件を依頼する事業部担当は専用のアカウントが不要で、普段やりとりに使用しているメールやチャットツールに返答するだけで、法務と事業部間の質疑などメッセージや契約書などの添付ファイルを、GVA manageに集約することができます。法務部は集約されたデータを検索することができ、過去案件の調査に掛ける時間を大幅に削減できます。

■GVA manage WebサイトURL
https://gvamanage.com/

■GVA TECH会社概要 

会社名:GVA TECH株式会社 
代表取締役:山本 俊 
本社所在地:東京都渋谷区代々木3-37-5 2階
設立日:2017年1月4日 
資本金:999百万円(資本準備金含む) 
事業内容:リーガルテックサービス開発・提供 
URL:https://gvatech.co.jp/

引用

マターマネジメントシステム「GVA manage」がChatGPT APIを活用した法律相談QAデータベース作成の自動化とAIチャットボット機能をリリース
GVA TECH株式会社のプレスリリース(2024年1月19日 08時00分)マターマネジメントシステム「GVA manage」がChatGPT APIを活用した法律相談QAデータベース作成の自動化とAIチャットボット機能をリリース

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました