マイクロソフトの計算資源を経済産業省と NEDO が公募する生成 AI 基盤モデル開発プロジェクトに提供

ChatGPT

経済産業省及び国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (以下、NEDO) は、産業活動や国民生活に大きな影響を与えると考えられる生成 AI の開発力を強化していくため、令和 6 年 2 月 2 日に「GENIAC」プロジェクトを開始しています。

今般、この GENIAC プロジェクトにおいて、日本マイクロソフトは生成 AI のコア技術である基盤モデルの開発に対する計算資源の提供者として選定され、Microsoft Azure が本プロジェクトにて利用されることになりました。

今後、NEDO において開発事業者の公募が行われ、採択された企業に対して、経産省や NEDO と連携しながら、当社も開発から社会実装まで、総合的な支援を行っていきます。

<参考 URL>

1.経済産業省 プレスリリース

GENIAC における計算資源の提供支援について、計算資源提供者として Microsoft 社を選定し、追加公募を開始しました (METI/経済産業省)

2.NEDO 公募情報

「ポスト 5G 情報通信システム基盤強化研究開発事業/ポスト 5G 情報通信システムの開発 (助成)」に係る公募について | 公募 | NEDO

今回計算資源として提供する ND96isr_H100_v5 は、NVIDIA H100 を搭載した 最新の GPU であり、最新の生成 AI の開発や処理で活用されるものです。特に今般提供する GPU は、高速ネットワーク InfiniBand も付帯していることから、一般のクラウド基盤より高速な処理が可能となっています。参考情報: こちら (英語)

日本マイクロソフトは、生成 AI の一般利用に向け、いち早く取り組み、多くの企業、団体で生成 AI 利活用支援を行ってきました。今回、日本マイクロソフトを選定いただいたことを踏まえて、今後、AI の開発に向けた支援だけでなく、開発された AI が世の中で実装・利用されていくための必要な支援を行っていきます。

引用

マイクロソフトの計算資源を経済産業省と NEDO が公募する生成 AI 基盤モデル開発プロジェクトに提供 - News Center Japan
経済産業省及び国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (以下、NEDO) は、産業活動や国民生活に大きな影響を与えると考えられる生成 AI の開発力を強化していくため、令和 6 年 2 月 2 日に「GENIAC」プロジェクトを...

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました