プロンプト不要!Teams上で簡単に使える「AI Worker」先行案内開始

ChatGPT

〜企業の生成AI活用を加速させる業務改善プラットフォームをAI Shiftが提供〜

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証プライム市場:証券コード4751)の連結子会社で生成AIを活用し業務改善を推進する株式会社AI Shift(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:米山結人、以下AI Shift)は、企業の業務改善を促進するべく、プロンプトを使わず、Teams上で誰でも簡単に活用可能な業務改善プラットフォーム「AI Worker」の先行受付を開始いたしました。

■開発背景

2022年11月のChatGPTの登場以来、多くの企業が業務改善に期待を寄せ、世界中で活用が進んでおります。しかしながら、セキュリティーリスクなどの問題により、日本企業の約7割が生成AIの活用を禁止、または禁止を検討しています(※)。さらに、ChatGPTを最大限に活用し、業務改善を加速させるためには、プロンプトの記述など技術的なスキルが必要とされるため、結果として、「十分に活用できていない」「社員に使われない」という状況に陥っている企業が多く見受けられます。

※BlackBerry Japan調査結果より:https://blogs.blackberry.com/en/2023/08/why-companies-ban-chatgpt-ai


■プロダクト概要

そこで、当社ではプロンプトを必要とせず、Teams上で誰でも簡単に使いこなせる業務改善プラットフォーム「AI Worker」の先行案内を開始いたします。業界業種にとらわれない「社内ナレッジ検索」や「ファイル要約」「校閲」などの汎用的タスクや、企業ごとのニーズに特化した個別タスクなど、ご要望に応じたカスタマイズ提供も可能です。また今後は、各種外部ツールやシステムとの連携を行い、さらなる業務改善を推進してまいります。

※今後、Webブラウザでも提供予定です。


■特徴

(1)プロンプトは不要

 プロンプトの記述が不要のため、直感的なUI/UXで業務改善ができます。

(2)Teamsで簡単利用

 Teams上で利用できるため、これまでの業務フローを変える必要はありません。

(3)個別タスクのカスタマイズ提供

 企業の業務課題に合わせて、個別タスクの開発をおこないます。

(4)生成AIのリスキリング支援

 生成AIの組織浸透や、社員のリテラシー向上を通じて、業務改善を加速させます。


■今後の展望

本プロダクトは、来年1月のリリース予定となります。「生成AIプラットフォームを導入したが、使われずに困っている」「生成AIを活用したいが、何から始めていいかわからない」といったお悩みをお持ちの方は、是非お申し込みください。プロダクトリリース後、優先的にご案内させていただきます。

▼問い合わせ先
https://www.ai-shift.co.jp/contact

【株式会社AI Shift 会社概要】

社名       :株式会社AI Shift
所在地    :〒150-6122 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア22階
代表者    :代表取締役社長 米山 結人
設立       :2019年8月30日
事業内容 :チャットボットの開発・販売、ボイスボットの開発・販売
企業URL :https://www.ai-shift.co.jp/

引用

プロンプト不要!Teams上で簡単に使える「AI Worker」先行案内開始
株式会社AI Shiftのプレスリリース(2023年12月7日 13時05分)プロンプト不要!Teams上で簡単に使える「AI Worker」先行案内開始

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました