デル・テクノロジーズ、高まるサイバー攻撃の脅威に対抗するマルチクラウド保護と先進のAI機能を提供

ChatGPT

データ保護ポートフォリオにおける、アプライアンス、ソフトウェア、as-a-Service AIの拡張により、モダンでサイバー レジリエントな基盤構築をサポート

当資料は、2024年4月30日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。
米国リリース原文:https://www.dell.com/en-us/dt/corporate/newsroom/announcements/detailpage.press-releases~usa~2024~04~dell-technologies-introduces-multicloud-data-protection-and-ai-advances-to-counter-increasing-cyberattacks.htm#/filter-on/Country:en-us

ニュースの概要
・次世代の「Dell PowerProtect Data Domain」アプライアンスが、パフォーマンス、効率、セキュリティーを向上

・「Dell APEX Backup Services AI」が、生産性と効率性の向上を実現

・「Dell PowerProtect Data Manager」と「Dell PowerMax」のネイティブな統合によって、より効率的で高速かつ安全なバックアップとリカバリーを実現


2024年4月30日、テキサス州ラウンドロック発:
デル・テクノロジーズは、ますます増加するサイバー攻撃に対するお客様のサイバーレジリエンスの強化をサポートするため、同社のアプライアンス、ソフトウェア、as-a-Service製品のデータ保護ポートフォリオを拡張したことを発表しました。

デル・テクノロジーズは、「Dell Data Protection」ポートフォリオ全体を高度化し、オンプレミス、パブリック クラウド、エッジに展開されるデータを保護するためのモダンでレジリエントな基盤の確立をサポートします。「2024 Dell Global Data Protection Index(GDPI)(グローバル データ保護インデックス)(https://www.dell.com/ja-jp/dt/data-protection/gdpi/index.htm )」調査では、75%の企業が、現在自社が実施しているデータ保護対策ではランサムウェアの脅威に対応できないと考えていることが、明らかになりました。しかし、今回デル・テクノロジーズが発表した数々のイノベーションによって、お客様は、この懸念に対応することが可能になります。同調査では、70%近くの企業が、サイバー攻撃が発生した際の復旧について自信がないと回答しています。

デル・テクノロジーズのインフラストラクチャー ソリューション グループ(ISG)プレジデント、アーサー ルイス(Arthur Lewis)は、次のように述べています。「生成AIは、データの爆発的な増加を背景に、企業がプロセスを効率化し、意思決定力を高め、イノベーションを促進する機会を提供します。しかし、同時にサイバー攻撃のアタック サーフェス(攻撃対象領域)も広がりました。特にトレーニング済みのモデルは、企業にとって最も価値ある資産の1つに急速になりつつあります。このようなデジタル環境の広がりによって脆弱性のギャップが増えていく中で、信頼できるデータ保護ソリューションとAIソリューションによって、データが置かれている場所に関係なくすべてのデータを保護するデル・テクノロジーズに対するお客様の依存度は、ますます高まっています」。

新しい「Dell PowerProtect」アプライアンスが、セキュリティー、パフォーマンス、効率を向上:
新しい「PowerProtect Data Domain DD9410」および「DD9910」システムは、大規模エンタープライズに以下を提供できるように設計・構築されています。

・既存のワークロードと最新のワークロードの両方に対応するパフォーマンス:最大38%高速なバックアップ(*1)、最大44%高速なリストア(*1)

・お客様のデータに対するセキュリティーとサイバー レジリエンス

・効率性:最大11%の消費電力を削減(*2)、業界をリードする65倍の重複排除能力(*3)

・拡張性:単一のアプライアンスで最大1.5 PBの利用可能容量を提供


IDC社のリサーチ バイスプレジデント、Phil Goodwin氏は、次のように述べています。「サイバー脅威の拡大によって企業が常に高い警戒態勢に置かれている中、信頼できるハイパフォーマンスなデータ保護システムに対するニーズは、かつてないほど高まっています。数多くのデータ保護のベスト プラクティスをサポートしているデル・テクノロジーズのデータ保護ソリューション ポートフォリオは、組織におけるデータ保護環境のモダナイズをサポートします。最新のPowerProtect Data Domainアプライアンスは、バックアップと復旧のパフォーマンスが大幅に強化されており、これからも重要なデータ保護とサイバー リカバリー インフラストラクチャーの鍵となる要素であり続けるでしょう」。

米ミシガン州のデータ保護アーキテクト、Rich Jackson氏は、次のように述べています。「当州は、15年以上にわたりPowerProtect Data Domainアプライアンスに信頼を寄せ、データを保護してきました。最新世代のアプライアンスも、これまで同様、保護パフォーマンスを高め、データ セキュリティーを強化してくれるでしょう」。

「PowerProtect Data Domain」システムは、デル・テクノロジーズの幅広いパートナー エコシステムの中心的な存在でもあり、業界をリードするデータ保護ソフトウェア ベンダー各社のビジネス成長を支え、それぞれの顧客のサイバー レジリエンス強化に貢献しています。

Commvault社のプレジデント兼CEO(最高経営責任者)、Sanjay Mirchandani氏は、次のように述べています。「デル・テクノロジーズと当社は、AI主導のサイバー脅威に対してレジリエンスの強固な基盤を確立することは必須であるという信念を共有しています。両社が連携することで、業界をリードするサイバー セキュリティー、パフォーマンス、効率を両社共通のお客様に提供しています。APIによってCommvault Cloudプラットフォームとデル・テクノロジーズの最新のPowerProtect Data Domainアプライアンスを深く統合することで、両社のサイバー レジリエンス、データ セキュリティー、迅速な復旧能力の強みを最大限に活用し、お客様が、効果的にリスクを軽減しながら事業継続性を実現することを可能にします」。

統合された生成AIアシスタントによる生産性と効率性の向上:
デル・テクノロジーズが展開するバックアップ as a Service「Dell APEX Backup Services」向けに提供するバックアップとリカバリーのための統合生成AIアシスタント「Dell APEX Backup Services AI」によって、お客様は保護プロセスを効率化することができます。「GDPI」調査において、生成AIが自社の組織のサイバー セキュリティー体制にメリットをもたらすと考えている回答者が52%に上ることからも、「APEX Backup Services AI」が高まりつつある生成AIのデータ保護に対するニーズに応えることは、明らかです。

「APEX Backup Services AI」が提供するさまざまな機能によって、ユーザーは、以下のことが可能になります。
・リアルタイム カスタム レポートのリクエスト、レポート内の変数を調整するフォローアップの質問、AI主導の提案をベースとしたバックアップの障壁の解消
・簡単なテキストのプロンプト(質問)によるアシスト付きのトラブルシューティング、ログの分析、エラーのトラブルシューティングによるバックアップおよびセキュリティー体制の理解・把握と改善
・お客様固有の環境に合わせてカスタマイズした提案とベスト プラクティスによるインテリジェンスな対応の活用
・新しいバックアップ ポリシーの作成から指定のワークロードの新たなバックアップの実行まで、管理作業の簡素化

「Storage Direct Protection」のイノベーションによる強力なバックアップとリカバリー:
「PowerProtect Data Manager」の「Storage Direct Protection」による「PowerMax」エンタープライズ ストレージとのネイティブな統合が、「PowerProtect Data Domain」との間において、より効率的で高速かつ安全なバックアップとリカバリーを実現します。

「PowerMax」向け「PowerProtect Data Manager」の「Storage Direct Protection」は、以下を提供します。

・複数のストレージ アレイの高速バックアップとリカバリー:1回のバックアップで1時間あたり最大46TB(*4)、リカバリーでは1時間あたり最大21TB(*5)を実現

・「PowerMax」の効率的なデータ保護:元のシステムへの完全な復元または代替「PowerMax」システムへの復元を実現

・安全なデータ保全およびオプションでサイバー ボールトとの統合

・一元化した管理とオーケストレーションによるシンプルな運用

・マルチクラウド サポートによる「PowerProtect Data Domain」のレプリケーションとクラウド ティアリング


提供時期について:

・「PowerProtect Data Domain DD9410」および「DD9910」システムは、すでに全世界で提供開始しています。

・「Dell APEX Backup Services AI」は、すでに全世界で提供開始しています。

・「Storage Direct Protection for Dell PowerMax」は、2024年第3四半期より全世界で提供開始の予定です。

その他の資料:
・「PowerProtect」製品およびサービスのポートフォリオの詳細は、こちら(https://www.dell.com/ja-jp/shop/scc/sc/data-protection )をご覧ください。

・サイバー レジリエンス ソリューションのリリースに関するブログ: Building Cyber Resiliency on Trusted Data Protection Infrastructure(https://www.dell.com/en-us/blog/building-cyber-resilience-on-trusted-data-protection-infrastructure/ )

・「2024 Dell Global Data Protection Index」ブログ: Charting a Path to Cyber Resilient Data Protection(https://www.dell.com/en-us/blog/charting-a-path-to-cyber-resilient-data-protection/ )


*1. デル・テクノロジーズ社内テストに基づく(2024年2月) ― 「Dell PowerProtect DD9910」アプライアンスと「PowerProtect DD9900」アプライアンスを比較。実際の結果は変動する場合があります。
*2. デル・テクノロジーズ社内分析に基づく ― 「Dell PowerProtect DD9910」アプライアンスと「PowerProtect DD9900」アプライアンスを比較。いずれも最大容量(1.5PBu)で構成。米ドル建ての削減効果は、拡張ラックにおけるアプライアンスの消費電力と熱定格および平均電気料金(168ドル/KWH)に基づいて算出。この値は試算のみを目的としています。実際の費用は変動する場合があります。
*3. デル・テクノロジーズ社内分析およびフィールド テレメトリー データに基づく(2024年2月)。実際の結果は変動する場合があります。
*4. デル・テクノロジーズ社内テストに基づく(2024年3月) ― 「PowerMax 2500」および「PowerProtect DD9900」。単一ストレージ グループのバックアップにEpic GeneratorIOを使用。実際のパフォーマンスが異なる場合もあります。
*5. デル・テクノロジーズ社内テストに基づく(2024年3月) ― 「PowerMax 2500」および「PowerProtect DD9900」。単一ストレージ グループの復元にEpic GeneratorIOを使用。実際のパフォーマンスが異なる場合もあります。


# # #

■デル・テクノロジーズについて
デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代に向けて、業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

(C) Copyright 2024 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell Technologiesが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

引用

デル・テクノロジーズ、高まるサイバー攻撃の脅威に対抗するマルチクラウド保護と先進のAI機能を提供
デル・テクノロジーズ株式会社のプレスリリース(2024年5月9日11時00分)デル・テクノロジーズ、高まるサイバー攻撃の脅威に対抗するマルチクラウド保護と先進のAI機能を提供

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました