テラスカイ、新クラウドサービス「mitoco AI」を発表

ChatGPT

迅速な経営判断で加速するビジネスイノベーションの実現を支援

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区、代表取締役CEO 社長執行役員:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、Salesforceと生成AIを組み合わせた新サービス「mitoco AI」を、2024年4月9日(火)より提供開始します。

「mitoco AI」はSalesforceのオブジェクト構造を学習しており、ユーザーの自然言語による要求に対し、Salesforce組織内に格納されたデータから適切な回答を導き出します。Salesforce上に会計や販売管理システムを統合する「mitoco ERP」と組み合わせることで、「ヒト・モノ・カネ・顧客情報」すべてのデータに横断的にアクセスでき、ユーザーは意思決定に必要となるデータの利活用を手軽に行うことができます。自然言語での要求が可能なため、レポート作成やBIの使用に必要なスキルは必要ありません。これにより、必要な情報を迅速に得ることができるため、業務効率化と生産性向上を実現します。

加えて、「mitoco AI」はMicrosoft Azure上の生成AIから回答に必要なデータを取得するための実行計画の指示を受け、Salesforce内の業務データから適切な回答を生成します。Salesforce内の業務データを生成AIに渡すことがないため、セキュリティ面の懸念なく安心して利用できます。

テラスカイは長年にわたり培ってきたSalesforceの知見を活かし、「mitoco AI」を2029年までの5年間で300社の売り上げを目指します。

「mitoco ERP」によるSalesforce上での情報の一元化の実現と、「mitoco AI」によるSalesforceの活用、定着化を実現することで、お客さまのビジネスイノベーションの実現を支援していきます。

■mitoco AIのアーキテクチャ

「mitoco AI」は指示を受けると、回答に必要なデータをどのようにオブジェクトから取得すべきかを判断し、その実行計画をMicrosoft Azure上の生成AIに依頼します。OpenAIは実行計画に沿ってデータを取得するためのSOQL(Salesforce Object Query Language)を発行、「mitoco AI」はそのSOQLを実行してSalesforceのオブジェクトからデータを取得し、適切な回答をユーザーに返します。

■新クラウドサービス「mitoco AI」の特長

① Salesforceのオブジェクトを学習

② 生成AIが自然言語で回答

③ 多言語対応

④ mitoco ERPなどのAppExchangeアプリケーションにも対応

<Salesforceのコメント>

株式会社セールスフォース・ジャパン 専務執行役員 アライアンス事業統括本部 統括本部長の浦野敦資は、次のように述べています。「『mitoco AI』がAppExchangeに追加されたことを歓迎します。 『mitoco ERP』を始めとするAppExchangeアプリケーションのデータをSalesforce上に統合し、『mitoco AI』がアプリケーションを横断してデータを検索、学習できることにより、お客様のビジネストランスフォーメーションを加速させます。AppExchangeは、お客様のビジネスニーズに合ったアプリケーションやエキスパートをお客様とつなぐために、常に進化し続けています」

<Salesforce AppExchangeについて>

Salesforce AppExchangeは世界をリードするエンタープライズクラウドマーケットプレイスで、企業、開発者、起業家がまったく新しい方法で構築、販売、成長できるよう支援します。7,000件以上のパートナーのアプリケーションや認定コンサルタントの登録、1,100万件の顧客導入、117,000件のピアレビューを有するAppExchangeは、業界や規模に関わらずビジネス上のあらゆる課題を解決するために、すぐにインストールし、カスタマイズ可能なアプリケーションやSalesforce認定コンサルタントとお客様を結びつけます。

<mitoco AIについて>

「mitoco AI」はSalesforceに格納されたデータを検索・集計する機能を持つ人工知能です。

ユーザーの自然言語による要求に対し、Microsoft OpenAI Serviceの機能を活用して、Salesforce組織内に格納されたデータから適切な回答を導き出します。生成AIの機能を利用しながら、Salesforce内の業務データを生成AIに渡すことがないため、セキュリティ面の懸念なく安心して利用できます。https://www.mitoco.net/AI

<株式会社テラスカイについて>

テラスカイは、クラウド創成期からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来をいち早く捉え、セールスフォース・ジャパンのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず6,500件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋2-11-2 太陽生命日本橋ビル16階
設立:2006年3月
資本金:12億5,212万円(2023年2月末時点)
代表者:代表取締役CEO 社長執行役員 佐藤 秀哉
U R L: https://www.terrasky.co.jp/
証券コード:3915(東証プライム)

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

引用

テラスカイ、新クラウドサービス「mitoco AI」を発表
株式会社テラスカイのプレスリリース(2024年4月9日 15時00分)テラスカイ、新クラウドサービス「mitoco AI」を発表

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました