クラウドストライク、大規模言語モデルなどのエンドツーエンドのAIイノベーションのセキュリティ確保に向けて、ヒューレット・パッカード エンタープライズと提携

ChatGPT

FalconプラットフォームとHPEのOpsRamp AIOpsの統合によって、セキュリティとITチームが一体化し、迅速化するAIワークロード、ITアラート、攻撃者のモニタリングが可能に


CrowdStrike
(NASDAQ: CRWD)は本日、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(NYSE: HPE)との戦略的提携を発表しました。この度の提携はNVIDIAが推進する大規模言語モデル(LLM)などのエンドツーエンドのAIイノベーションの保護を目的としたものです。

CrowdStrike Falcon®サイバーセキュリティプラットフォームとヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)のGreenLake cloudおよびOpsRamp AIOpsを統合することで、組織はIT運用とサイバーセキュリティを単一の統合プロセスにスムーズに一元化し、AIイノベーションを安全に推進できるようになります。Falconプラットフォームが提供する充実したアセット情報とAIを活用したOpsRampのオブザーバビリティ(可観測性)機能により、サービスマップ型の統合ビューでさまざまなインフラストラクチャとアプリケーションの攻撃対象領域のセキュリティをもれなく把握することが可能になります。また、企業は高速なAIパイプラインに潜むセキュリティ上の不備を素早く発見し、対策を講じることで、AIイノベーションのレジリエンスと完全性を強化できます。

OpsRampはフルスタックオブザーバビリティ機能を備え、アプリケーションとインフラストラクチャのオペレーションを統合ビューで監視できます。また、NVIDIAのアクセラレーテッドコンピューティングとAIワークロードを、単一の統合コンソールから包括的に運用し、自動化できます。OpsRampの運用コパイロットは生成AIを活用した対話型アシスタントを備え、運用チームの業務効率を劇的に高めるとともに、問題の素早い検知と修復につながります。

さらにHPE GreenLake cloudとの統合により、NVIDIA AI Computing by HPEによって高速化するAIワークロードとLLMをCrowdStrikeで保護できるようになります。NVIDIA AI Computing by HPEは、NVIDIAとHPEが共同開発したAIソリューション群です。企業のエッジ、データセンター、クラウドなどへの生成AIの導入に向けて、両社は市場開拓面にも共同で取り組んでいます。先日開催されたHPE Discoverイベントでは、目玉となるさまざまなプロダクトやサービスが発表されました。その中でも、HPE Private Cloud AIは、NVIDIA AIのコンピューティング、ネットワーキング、ソフトウェアと、HPEのAIストレージ、コンピューティング、HPE GreenLake cloudのこれまでにない深い統合を実現した、かつてないソリューションです。

HPEハイブリッドクラウド事業部門のエグゼクティブバイスプレジデント(EVP)兼ゼネラルマネージャー(GM)であり、HPEの最高技術責任者(CTO)も務めるフィデルマ・ルッソ(Fidelma Russo)氏は次のように述べています。

「AIアプリケーションとAIアプリケーションがアクセスするデータのセキュリティ確保は非常に重要です。クラウドストライクとの戦略的提携と、当社のOpsRampのオブザーバビリティ機能により、HPE Private Cloud AI上で運用されるお客様のAIアプリケーションを守る完全なエンドポイントセキュリティを実現します」

クラウドストライクのCEO兼創業者であるジョージ・カーツ(George Kurtz)は、次のように述べています。

「セキュリティは技術革新と同時に進化する必要があります。生成AIは確実にビジネスを変革します。最高のAIには、AIを活用した最高のセキュリティが必要です。このたびのHPEとの提携により、HPEの優れたエンタープライズコンピューティングと業界ナンバーワンを誇る当社のセキュリティプラットフォームの機能を合わせ、安全なエンドツーエンドAIおよびMLの導入を推進してまいります」

CrowdStrikeについて

CrowdStrike Holdings Inc.(Nasdaq:CRWD)は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーであり、エンドポイント、クラウドワークロード、アイデンティティ、データを含む企業におけるリスクを考える上で重要な領域を保護する世界最先端のクラウドネイティブのプラットフォームにより、現代のセキュリティを再定義しています。

CrowdStrike Falcon®プラットフォームは、CrowdStrike Security CloudとワールドクラスのAIを搭載し、リアルタイムの攻撃指標、脅威インテリジェンス、進化する攻撃者の戦術、企業全体からの充実したテレメトリーを活用して、超高精度の検知、自動化された保護と修復、精鋭による脅威ハンティング、優先付けられた脆弱性の可観測性を提供します。

Falconプラットフォームは、軽量なシングルエージェント・アーキテクチャを備え、クラウド上に構築されており、迅速かつスケーラブルな展開、優れた保護とパフォーマンス、複雑さの低減、短期間での価値提供を実現します。

CrowdStrike: We Stop Breaches

詳細はこちら: https://www.crowdstrike.jp/

ソーシャルメディア: Blog | Twitter | LinkedIn | Facebook | Instagram

無料トライアル: https://go.crowdstrike.com/try-falcon-prevent-jp.html

© 2024 CrowdStrike, Inc. All rights reserved. CrowdStrike、Falconのロゴ、CrowdStrike Falcon、CrowdStrike Threat Graphは、CrowdStrike, Inc.が所有するマークであり、米国および各国の特許商標局に登録されています。CrowdStrikeは、その他の商標とサービスマークを所有し、第三者の製品やサービスを識別する目的で各社のブランド名を使用する場合があります。

引用

クラウドストライク、大規模言語モデルなどのエンドツーエンドのAIイノベーションのセキュリティ確保に向けて、ヒューレット・パッカード エンタープライズと提携
クラウドストライク合同会社のプレスリリース(2024年6月25日 14時00分)クラウドストライク、大規模言語モデルなどのエンドツーエンドのAIイノベーションのセキュリティ確保に向けて、ヒューレット・パッカード エンタープライズと提携

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました