クラウドストライク、すべての顧客の生成AIとXDRの未来を切り開く、次世代型CrowdStrike Falconプラットフォームを発表

ChatGPT

Raptorの公開で、ペタバイト規模の超高速データ収集・検索・ストレージ機能と、Charlotte AI Investigatorを活用した生成AIベースの調査機能を搭載したプラットフォームを再構築

CrowdStrike(NASDAQ: CRWD)の日本法人であるクラウドストライク合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員:尾羽沢 功、以下クラウドストライク)は、市場を画定する次世型CrowdStrike Falconプラットフォームを導入するすべての顧客に生成AIとXDRの力をお届けします。クラウドストライクの次世代SIEMであるCrowdStrike Falcon LogScaleと同じテクノロジーを搭載し、Falconの新たな「Raptor」の公開により、顧客にペタバイト規模の超高速データ収集・検索・ストレージ機能を提供するほか、急速に進化する攻撃手法の先を行き、データ侵害を阻止する生成AIベースの次世代型サイバーセキュリティイノベーションを推進します。

クラウドストライクのプレジデントであるマイク・セントナス(Mike Sentonas)は次のように述べています。

「結局のところ、セキュリティとはデータの問題です。従来のデータ活用方法では今日の攻撃者のスピードや攻撃手法に太刀打ちできないことが、急速なスピードで明らかになっています。クラウドストライクは、クラウドスケールのデータ、振る舞いAI、自動化を効果的に活用することで、レガシーソリューションをすり抜けるデータ侵害を阻止する方法を他社に先駆けて開発してきました。今回のRaptorのリリースにより、お客様は高度な攻撃者を阻止するために必要な速さで、データとAIを活用できるようになります」

2023年9月下旬から来年にかけて、CrowdStrike Falconプラットフォームを利用しているすべての顧客向けに初期アップグレードが公開されます。Raptorに含まれる機能は以下の通りです。

  • Charlotte AI Investigatorを搭載した初のAIベースのインシデントクリエイター

 AIによりインシデントの作成と調査を自動化することで、インシデント調査を大幅に高速化および効率化します。Charlotte AI Investigatorは、一片の情報を基に、関連する情報を自動的に関連づけて1つのインシデントにまとめ、LLMに沿って、スキルレベルを問わずすべてのセキュリティアナリストが理解できるインシデントサマリーを生成します。

  • すべての顧客にXDRを提供

すべての顧客にXDR機能を提供します。CrowdStrike EDRを利用しているすべての顧客がネイティブXDRを利用できるようになり、CrowdStrikeプラットフォーム全域から、エンドポイント、ID、クラウド、データ保護に関するテレメトリを包括的に収集し、調査を加速できるようになりました。

  • XDR Incident Workbench

個別のアラートではなく、インシデントを中心に、EDR/XDR向けに再考された超高速なユーザーエクスペリエンスにより、調査と対応時間を劇的に短縮します。

  • 協働型インシデントコマンドセンター

信頼できる一元的な情報源に基づき、時間や場所に関わらず、セキュリティアナリストとリアルタイムに協力しながら、インシデントに対処できます。

  • 超高速検索

膨大な量のデータに対して検索を行い、1秒未満で結果を得られるため、攻撃者やリスクを素早く見つけて根絶することができます。

今回のRaptorリリースによって、クラウドストライクが提供する生成AIベースのサイバーセキュリティ分析機能であるCharlotte AIがさらに加速します。顧客向けプライベートプレビュー版には、自然言語(英語とその他数十の言語)による質問に対し、Falconプラットフォームから直感的な答えを受け取れる機能が搭載されています。

Charlotte AIは、Falconプラットフォーム内の膨大なデータセットに対してクエリを実行するだけでなく、クラウドストライク独自の、人が検証したコンテンツも利用します。このコンテンツには、クラウドストライクのCounter Adversary OperationsチームやManaged Servicesチームの脅威インテリジェンス、また脅威ハンティング担当者からの見解といった人によるフィードバックに基づいて継続的に改善されている、世界で最も品質の高いセキュリティデータと数兆件のセキュリティイベントが含まれています。

Raptor版へのアップグレードは、2023年9月下旬から来年度にかけて、現在CrowdStrike Falconプラットフォームを利用しているすべての顧客向けに公開される予定です。

  • Charlotte AIの利用料金について

一般提供(GA)版Charlotte AIは、クラウドストライクの多くのモジュールで採用されているものと同様の、シンプルなエンドポイント数に基づく料金プランに従ってご利用いただけます。この料金には、一定数のCharlotte AIへのクエリが含まれます。クエリ数の追加をご希望の企業には、超過料金を支払う手間のない、ニーズに応じた柔軟なオプションを用意しています。

※この資料は、米国時間2023年 9月19日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

CrowdStrikeについて

CrowdStrike Holdings Inc.(NASDAQ:CRWD)は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーであり、エンドポイント、クラウドワークロード、アイデンティティ、データを含む企業におけるリスクを考える上で重要な領域を保護する世界最先端のクラウドネイティブのプラットフォームにより、現代のセキュリティを再定義しています。

CrowdStrike Falcon®プラットフォームは、CrowdStrike Security CloudとワールドクラスのAIを搭載し、リアルタイムの攻撃指標、脅威インテリジェンス、進化する攻撃者の戦術、企業全体からの充実したテレメトリーを活用して、超高精度の検知、自動化された保護と修復、精鋭による脅威ハンティング、優先付けられた脆弱性の可観測性を提供します。

Falconプラットフォームは、軽量なシングルエージェント・アーキテクチャを備え、クラウド上に構築されており、迅速かつスケーラブルな展開、優れた保護とパフォーマンス、複雑さの低減、短期間での価値提供を実現します。

CrowdStrike: We Stop Breaches

詳細はこちら: https://www.crowdstrike.jp/
ソーシャルメディア:
Blog https://www.crowdstrike.com/blog/
Twitter https://twitter.com/crowdstrike
LinkedIn https://www.linkedin.com/company/crowdstrike/
Facebook https://www.facebook.com/CrowdStrike
Instagram https://www.instagram.com/crowdstrike/
無料トライアル: https://go.crowdstrike.com/try-falcon-prevent-jp.html

© 2023 CrowdStrike, Inc. All rights reserved. CrowdStrike、Falconのロゴ、CrowdStrike Falcon、CrowdStrike Threat Graphは、CrowdStrike, Inc.が所有するマークであり、米国および各国の特許商標局に登録されています。CrowdStrikeは、その他の商標とサービスマークを所有し、第三者の製品やサービスを識別する目的で各社のブランド名を使用する場合があります。

引用

クラウドストライク、すべての顧客の生成AIとXDRの未来を切り開く、次世代型CrowdStrike Falconプラットフォームを発表
クラウドストライク合同会社のプレスリリース(2023年9月25日 13時00分)クラウドストライク、すべての顧客の生成AIとXDRの未来を切り開く、次世代型CrowdStrike Falconプラットフォームを発表

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました