オリオンスターロボティクス、生成式AIモデルOrion-14Bを活用した新型サービスロボット事業を展開

ChatGPT

オリオンスターロボティクス(OrionStar)は、自社開発生成式AIのOrion-14Bモデルの高度な言語理解とコミュニケーション能力を利用し、新世代のAIサービスロボット「GreetingBot Nova」を企画しました。現在、この革新的な技術を導入したロボットは既に中国の病院に投入済み、インフォメーションそして初期の患者受付係として、日々務めています。

2024年1月21日、オリオンスターロボティクスは、オープンソースのマルチリンガル大規模言語モデル「Orion-14B」のグランドローンチイベントを開催しました。この140億のパラメータを持つモデルは、2.5兆トークンの多様なデータセットでトレーニングされ、中文、英語、日本語、韓国語などの多言語環境で卓越した性能を発揮します。

Orion-14Bシリーズは、多言語対応力が強く、特に日本語と韓国語の対応能力が際立っています。さらに、ファインチューニングモデルは高い適応性を持ち、長文対応バージョンは30万文字量の長いテキストをサポートし、量子化バージョンではサイズを縮小しつつモデル性能を維持します。

これからのグローバル市場進出、2024年OrionStarは日本と韓国市場で、大規模言語モデルとロボット技術の融合による新しいサービスと製品の展開を計画しています。これにより、ユーザーはより自然な会話や効果的な情報提供を受けることができ、新しいレベルのサービス体験が実現されることが期待できます。

Orion-14Bのリリースは、OrionStarがAI技術とロボティクスの融合において新たな一歩を踏み出すことを象徴しています。今後、OrionStarはMoEを基にした生成式AIの持続的開発とトレーニングを行い、よりスマートで実用性があるサービスロボットの未来を模索していきます。

引用

オリオンスターロボティクス、生成式AIモデルOrion-14Bを活用した新型サービスロボット事業を展開
Orion Star Robotics US Incのプレスリリース(2024年3月22日 19時53分)オリオンスターロボティクス、生成式AIモデルOrion-14Bを活用した新型サービスロボット事業を展開

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました