【現場で使える】ChatGPT医療活用事例の紹介

現場で使える】ChatGPT医療活用事例の紹介 ChatGPT

今回の記事では、医療で使える活用方法を紹介したいと思います。
なんとChatGPTは医療現場でも活用できます。
ではさっそく、ChatGPTの医療活用事例を5つ紹介します。

医療活用事例5選

病院で使える活用法

直ぐに使える実用的なプロンプトの紹介です。
具体的には次の3つの業務をChatGPTで効率化しています。

  1. 献立表
    • 紹介文: 複数の病院の管理栄養士向けに、特定の条件下での3日間の献立表を作成するためのプロンプト。春の野菜や食事のバランス、カロリーや塩分の制限などの要因を考慮してくれます。
  2. 当直表
    • 紹介文: 2病院の当直表の作成要求を中心に、特定の制約条件、休日、各医師の当直不可日を考慮したスケジュール作成のプロンプト。具体的なステップバイステップの手順に従って、内科系と外科系の両方の当直表を作成します。
  3. 入退院調整
    • 紹介文: 病棟の看護師長が適切に新入院患者を受け入れるための調整を行うプロンプト。現在の病床の利用状況と4名の新入院患者の情報をもとに、適切な部屋の配分と退院を考慮して計画を立てる。

詳細は以下の記事から

病院で使えるChatGPT命令文3選|患者視点の医療経営 長 英一郎
ここ数日いくつかのクライアント病院に訪問し、ChatGPTについて議論させていただきました。現場の業務を劇的に改善させる可能性のある命令文(プロンプト)の3選をご紹介させていただきます。命令文のいずれもシェア、使用は自由です!どんどんパクっていただいて現場の業務効率化に活かしていただきたいです。患者名などがサンプル命令...

歯科医専用のChatBot「歯医者さんGPT」

歯科医向けのChatBot「歯医者さんGPT」をリリースされました。
ChatGPTは一般に間違った回答をすることがありますが、開発元のアイベリーは数千回の質問・回答のテストを通じてこの問題を解決し、95%以上の正答率を達成しました。
このChatBotは、歯科クリニックが24時間対応できるようになり、患者の質問にリアルタイムで答えることができます。

歯やお口の悩みに答える歯科医専用のChatBot「歯医者さんGPT」、ChatGPTのプロンプト開発のアイベリー株式会社が無料サービスとしてリリース。
アイベリー株式会社のプレスリリース(2023年7月25日12時59分)歯やお口の悩みに答える歯科医専用のChatBot、ChatGPTのプロンプト開発のアイベリー株式会社が無料サービスとしてリリース。

カルテの作成

AIを利用して音声から自動でカルテ原稿を作成してくれるサービスが登場しました。
このサービスは、OpenAIのChatGPTをカスタマイズして医療従事者に適したUIに組み込んでおり、医療従事者の書類作成時間を大幅に削減し、医師などの医療スタッフが患者の診察・治療に集中できるようなります。

音声入力とAI要約でカルテ作成業務をラクにするwebアプリ「medimo」、医療関係者向けに無料体験版の先行予約を開始
株式会社Pleapのプレスリリース(2023年6月26日09時00分)音声入力とAI要約でカルテ作成業務をラクにするwebアプリ、医療関係者向けに無料体験版の先行予約を開始

情報発信

患者とのコミュニケーションも医療関係者の重要なお仕事です。
ChatGPTを活用することで、医療情報を分かりやすく伝えることが可能になります。
また院内の教育やチームビルディングへも活用できます。
詳細は以下の動画から

メンタルヘルスケア対策

何かとストレスが多い現代社会です。特に教員という職業は、多くの責任と期待に直面しており、その結果としてメンタルヘルスの問題が増加しています。
授業の準備、評価基準の厳格化、保護者とのコミュニケーション、そして児童・生徒の行動問題など、教員が直面するストレス要因は多岐にわたります。

しかし、このような状況に対処するための新しいアプローチが現れています。
それは、AI技術を活用したメンタルヘルスケアの提供です。
特に、ChatGPTのような先進的なAIツールは、心理カウンセラーの役割を果たすことができるとされています。

教員のメンタルヘルス対策をChatGPTを使用して行う。|AIと先生
はじめに 現代の教員は多くの責任とプレッシャーに直面しています。この記事では、教員のメンタルヘルスにおける主な課題、その原因、そして可能な対策にChatGPTを生かせないかついて考察します。教員のメンタルヘルス問題について 教員は高いレベルのストレスを経験する職業群の一つとされています。研究によれば、教員の多くが職業に...

あとがき

医療業界にもChatGPTはどんどん進出しています。
今後も、ChatGPTやその他のAI技術が医療現場でのさらなる活用を広げていくことでしょう。
その中で、技術の進化とともに、その適切な利用方法やエシカルな側面も考慮しながら、医療の質の向上と業務効率化が実現できればいいですね。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました