【東洋建設】設計初期段階のトイレレイアウト検討を支援する生成AI設計支援システムを開発

ChatGPT

 東洋建設株式会社(代表取締役社長 大林東壽)は、株式会社テクトム(CEO 北村尚紀、 以下「テクトム」)が開発するディープラーニング(深層学習)を用いた画像生成AI技術を適用して、同時に複数のトイレレイアウト案を自動生成させることに成功しました。

 建設業界は長時間労働や担い手不足が課題となっており、生産性向上と技術継承が求められています。意匠設計においても、顧客から住居や物流倉庫、商業施設等のレイアウトに対して様々な要望があることから提案のレパートリーと発想力が求められ、良質なレイアウトの企画検討に時間がかかる、あるいは短時間に最良なレイアウトにたどり着けないといった課題がありました。

 

 このような背景から、当社とテクトムは設計者のクリエイティブな発想を支援しながら検討業務を効率化することを目的に、2021年よりトイレレイアウトの自動設計AIにおける実証実験を行ってきました。本実証実験では、従来の遺伝的アルゴリズムによるアプローチのみではなく、深層学習でのアプローチも用いており、当社の熟練設計者が過去に作成した設計図面を中心に、およそ1,400枚をAIに学習させました。これにより、自動設計結果に求める膨大なルールを記述する必要がなく、過去の熟練技術者の傾向を学習した人間らしいデザインを生成することが可能となります。

 このように学習させた結果、設計者が検討させたいエリアを指定するだけで複数のレイアウト案を自動生成させることに成功しました。また、その後の開発において、男女の別、大便器数、小便器数、洗面器数の条件を指定することで、指定条件を満たすレイアウト案を自動生成させることが可能となりました。

 当社は今回の実証実験結果を受け、テクトムが提供するAIプラットフォーム”Tektome”を活用したトイレレイアウト自動設計AIをAI Design Assistantとして位置付け運用を開始しました。また、将来的には様々な用途の施設においてレイアウトを自動生成できるシステムへと進化させ、単純作業にかかる労働時間を削減しながら、設計者がよりクリエイティブな作業に集中できるように支援する役割を担わせることにより、設計業務の品質向上を目指すとともに業務の省人化・省力化を目指してまいります。

引用

【東洋建設】設計初期段階のトイレレイアウト検討を支援する生成AI設計支援システムを開発
東洋建設株式会社のプレスリリース(2024年2月1日 11時00分)【東洋建設】設計初期段階のトイレレイアウト検討を支援する生成AI設計支援システムを開発

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました