【売上UP】ChatGPT営業活用事例の紹介

【売上UP】ChatGPT営業活用事例の紹介 ChatGPT

今回の記事では、ChatGPTの営業活動で使える活用方法を紹介したいと思います。
AIの力を活用して売上アップを目指しましょう。
ではさっそく、ChatGPTの営業活用事例を6つ紹介します。

営業活用事例6選

営業準備時間の短縮&提案精度

ChatGPTを使って、業界の課題や自社のサービスや商品の特徴を入力することで、営業前の提案のポイントや商談を効率的に行うことができます。
ChatGPTを活用することで、架電のアポ率の増加や商談のヒアリング精度を改善できます。
記事では、精度の問題でGPT-4をおすすめしています。

ChatGPT4活用による、営業ノウハウの体系化(業界ごとの刺しどころ編)|ChatGPT営業太郎
■ChatGPT4を活用することで、「営業準備時間の短縮&提案精度」が向上します! 今回は、著者が実際の営業活動で実証実験した内容をシェアしていきます! ■一般的な商談準備 HPを見ながら、この企業にはどんな提案をすれば、響くかなー? ヒア...

提案資料の作成

ChatGPTのCode Interpreterを使ってパワーポイントの資料を作成することができます。
事前に必要なスライドの情報を入力することで、構成から実際の資料作成までを自動で行ってくれます。
あとは作成された資料を編集して完成させれば、劇的に時間を短縮できそうです。

営業メールの作成

ChatGPTを使えば効果的な営業メールも作成できます。
記事では次の2つの事例が紹介されています。

 ①資料請求に対するメール例
 ②アウトバウンド営業メール例

また自分の文面に似せる方法などのテクニックも公開されており、参考になりますね!

【コピペOK】インサイドセールスのChatGPT活用アイディア -今すぐ使えるメール作成プロンプト|水嶋玲以仁
グローバルインサイト(GIJ)の水嶋です。 ChatGPTが世間を賑わせていますね。私も色々試す中で、そのポテンシャルの高さを感じています。 さてインサイドセールスの専門家としては、ChatGPTがどのようにインサイドセールスに活用できるか...

営業戦略の可視化

ChatGPTとプラグインを活用して、営業戦略を立案して図にした例です。
かなり精度が高い営業戦略が分かりやすく図として描写されています。
是非営業戦略を考えたり見直したりする際には、ChatGPTを使ってみると良いかなと思います。

データ分析

営業においてデータ分析は重要なプロセスですが、なかなか手間がかかるプロセスでもあります。
しかし、ChatGPTのCode Interpreterを使えば一瞬で分析が完了します。
データが入ったCSVファイルをアップロードして、指示することで営業毎の目標率の達成や在庫データの可視化などが瞬時に完了します。
営業会議に使う資料の作成や個別の営業のマネジメントなど、さまざま応用できそうです。

ChatGPTの新機能「Code Interpreter」の営業活動における活用方法|ChatGPT営業太郎
■Code Interpreterとは? ■設定方法  左下のアカウント名→Settings→Beta features→Code interpreter ON! ■具体的な活用手順(1)「売上目標に対する達成率」 ①企業がエクセルで管理し...

商談前シュミレーション

ChatGPTに商談相手の情報を入力すると、商談の注意点やアプローチ方法を提供します。
事前にビジネスニーズや、商談のポイントを壁打ちすることで提案力を向上できます。
AIを活用して競合に差を付けよう!

ChatGPTを使った商談前シミュレーション|GPT DOJO
プロンプト 営業を行う社員が、商談相手の役職・所属部署・会社の業界・企業規模を入力するだけでどういった点に注意して商談を行ったらいいか教えてほしいです。 また、もし必要であればもっとこういった情報がほしい等追加の情報を催促してほしいです。 ...

あとがき

営業活動においてもChatGPTはさまざま活用できそうです。
今回紹介した事例はほんの一部に過ぎません。
AI技術の進化とともに、これからの営業の現場も大きく変わっていくことでしょう。
ChatGPTのようなツールを上手く取り入れることで、営業の効率化だけでなく、より深い顧客理解や新しい提案の形成も期待できそうです。

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました