「落とし物クラウドfind」がChatGPTと連携開始!落とし物情報をAIで自動生成し、登録時間が平均5分から約20秒に削減!

ChatGPT

~1月18日 14時から無料オンラインセミナー「AIが変える遺失物対応」も開催~

 株式会社find(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:高島 彬)が提供する落とし物にまつわる課題を解決するデータプラットフォーム「落とし物クラウドfind(以下、「find」)」は、ChatGPT連携機能β版※1を2024年2月より提供を開始します。(正式リリースは2024年春予定。)
 本機能は、拾得物を登録する「find Scan」にて落とし物の写真を撮影すると、ChatGPTをはじめとした生成AIが落とし物の特徴を自動で入力します。今まで拾得物の情報登録には平均5分の時間を要していましたが、これにより約20秒で可能となり、拾得物登録業務の効率化を図ります。

◆findとChatGPT連携によるメリット

  • 拾得物の登録時間の大幅削減:
    └平均5分かかる登録時間を約20秒に削減し、業務効率化
  • 拾得物登録情報のクオリティーの均一化:
    └ブランドやキャラクターなど特定の商品の知識が無くても、AIが自動で分析し入力するため、登録情報に偏りがなく、クオリティーを均一化
  • 拾得物返却率の向上:
    └より正確で詳細な情報が登録されるため、拾得物のマッチング率がスムーズになり、返却率の向上

※1:連携する生成AIは変更となる可能性があります。

◆1月18日に、findとChatGPTの連携に関する無料のオンラインセミナー「AIが変える遺失物対応」を開催!

【オンラインセミナー 概要】

  • 日時:2024年1月18日(木)14:00~16:00
  • 形式:オンライン(GoogleMeet)
  • 参加費:無料
  • 登壇者:京王電鉄株式会社 鉄道事業本部 鉄道営業部 管理課 佐藤 亮平氏
        九州旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部 営業企画課 坪山 正史氏
  • お申し込みはこちら:https://forms.gle/ZVZ6WrVJbMmiWjEH9

◆常に最先端の技術やサービスと連携するfindだからできる、新しい遺失物管理のカタチ!

 株式会社findは、「落し物が必ず見つかる世界」の実現を目指し、2021年に設立したスタートアップ企業で、AI専門のエンジニアをメインにサービスの開発を行っています。テクノロジーの力によって導入企業の落とし物対応・管理にかかる業務効率化を支援する「落とし物クラウドfind」は、常に最先端の技術を取り入れ様々なサービスと連携することでアップグレードし、利便性向上を図っています。また、遺失物管理だけではなく、返却率向上や管理者の業務効率化をはじめ、ユーザーとのコミュニケーションから警察署への連携まで、ワンストップで利用できる仕組みを提供しています。

 鉄道会社や商業施設、テーマパークなど、多くの人が集まる場所で必ず発生する「落とし物」を、迅速かつ効率的に見つかる環境づくりを支援し、ユーザーの満足度向上に貢献することで、導入企業と利用者の信頼関係を築き、安心して日常生活を送ることができる社会の構築に貢献します。


<落とし物クラウドfind> https://service.finds.co.jp/

◆find 会社概要

社名:株式会社find
代表者:代表取締役CEO 高島 彬
本社所在地:東京都中央区日本橋富沢町9-4 THE E.A.S.T. 日本橋富沢町
資本金:1,000万円
事業内容: 「落とし物クラウドfind」並びに附随サービスの開発・提供・運営
URL:https://www.finds.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】 E-mail: contact@finds.co.jp

引用

「落とし物クラウドfind」がChatGPTと連携開始!落とし物情報をAIで自動生成し、登録時間が平均5分から約20秒に削減!
株式会社findのプレスリリース(2024年1月9日 12時00分)「落とし物クラウドfind」がChatGPTと連携開始!落とし物情報をAIで自動生成し、登録時間が平均5分から約20秒に削減!

AI・DX・LowCodeなど企業に役立つ情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました